東京

2015/08/21

スカイ・ビアガーデン/新宿西口

N70804_2

猛暑が続きますね。
こんな日は、山ではないですが、少しでも高いところにある、
ビル屋上のビアガーデンで、一杯などはいいですね。

写真は新宿西口の夕景です





N70805

ということで、新宿西口のスカイ・ビアガーデンです。
未だ、明るいですが大勢の人が来ておりました。





N70806


ジョッキを傾けているうちに暗くなり、
月と金星が見えてきました。

都心の空も、一頃に比べ、綺麗になりましたね





(東京都 新宿) 0708/1508


2014/01/03

皇居、新年参賀

14010
皇居、伏見櫓

平成26年1月2日、皇居の新年一般参賀に初めて訪れる。

桜田門から石橋を渡り、皇居正門、二重橋、
そして伏見櫓の横より宮殿前広場に入る。




1401214011 
宮殿「長和(ちょうわ)殿」のベランダ

天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,
眞子内親王殿下 のお出ましである。

陛下はマイクを通じ「本年が国民ひとりひとりにとり、
安らかな、穏やかなものであることを願っています」と挨拶された。

今日の参賀者は、計8万1千人で、
平成に入って2番目の多さとのことであった。

(東京都千代田区千代田1-1) 1401/1401

2012/07/23

東京ドームシティ/文教区

1207tokyodm03

1207tokyodm01

1207tokyodm04

東京ドームシティ

今は、東京ドームシティアトラクションズという。
前身は、1955年にオープンしたかつての「後楽園ゆうえんち」である。

現在の名称「東京ドームシティアトラクションズ」には、
2003年に変更されている。


アトラクションも以前とは大分変り、

乗り方も分らないくらいであった(・_・、)

今回は、大阪から来た孫達とここで遊び、
食事は青いビルの「後楽園飯店」でとった。

この店は1962年創業と歴史のある中華料理店である。





(東京都文京区後楽1丁目) 1207/1207

2010/11/15

オーチャード・ホール/渋谷

61116

N71102 

近くなので、渋谷にあるオーチャードホールには、良くコンサートにいく。
今回は「ヨーロッパ・クラシック音楽紀行」と銘打ったコンサートであった。

ピアノ 田部京子、メゾ・ソプラノ 林美智子
そして、指揮は梅田俊明で、演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団である。

シベリウス、  交響詩フィンランディア
グリーグ    ピアノ協奏曲
シューマン   ピアノ小曲集 子供の情景
         歌曲集 ミルテの花他
ショパン    ノクターン
サン=サーンス 歌劇 サムソンとデリラより
ビゼー     歌劇 カルメンより

と、実に多彩な演奏会で、素晴らしい一時であった。
この後、渋谷で食事をして帰宅。



(東京都渋谷区道玄坂) 0711/1011  

2009/09/02

新宿駅東口/東京

61034

61035

61036

新宿駅東口である
東口といえばコマ劇場のある歌舞伎町界隈が
何かと話題を提供して賑やかである

かつての内藤新宿は甲州街道の第1番目の宿場で
青梅街道との分岐点でもあった

品川、板橋、千住とともに
江戸四宿の一つとして賑わっていたところである

3枚目の写真は、東口を出て直ぐの所にある
紀伊国屋ビルである
この紀伊国屋書店は学生の頃より
よく通ったところである

専門書が豊富に取り揃えてあるので
今も定期的に顔を出しては、珍しい本を購入している

東口は何時来ても人の多い町である




詳細は下記リンクをご覧下さい
詳細リンク:東京「新宿区」/紀行写真集
(東京都新宿区新宿3丁目)
0610/0909

2009/07/12

国立西洋美術館/上野

090702

国立西洋美術館

㈱川崎造船所(現川崎重工㈱)の初代社長の松方幸次郎氏が収集した
松方コレクションを核に1959年に西洋美術館が開設して
今年で丁度50年目とのこと

開館50周年記念事業の一環として、西洋美術館の設計者
「ル・コルビュジェと国立西洋美術館」と題した特設展示が行われていた

私が始めて訪れたのは、オープンしたばかりの高校の時であった
あれから、企画展などで、何度か来たことがあるが
今回は昔を思い出しながら常設展示の作品をゆっくりと鑑賞した



090703
090704

考える人、カレーの市民/オーギュスト・ロダン作

松方コレクションの内の、オーギュスト・ロダンの有名な「考える人」と
「カレー市民」である

後者は6人の市民が裸足で、首に縄を巻いて市の鍵を手にして
市の門を出て行くシーンだ



090706

地獄の門前

今日はファン感謝デ-と言う事で、ロダンの「地獄の門」前でミニコンサートが
行われていた



090707

グリーン・サロン

見学の後、美術館に隣接するグリーンサロンで休憩した
未だ明るいが、連れとビールで疲れを癒した


090708

御徒町、アメ横

休日のせいか、凄い人込みであった
今回は
、ここで写真仲間5人が集まって、恒例の撮宴会が行われた




(東京都台東区)
0907/0907

2009/05/24

秋葉原/東京

050704

秋葉原駅前

電気の街、秋葉原である
久しぶりに行ったが、相変わらず活気が感じられた

秋葉原付近は駿河台の下に位置し
海からの風の吹き溜まりとなるところであった
かつては木製の小さな家が多く、江戸で一番の火災発生場所であった

また、この辺りで火災が起こると、神田から日本橋、京橋まで
燃え広がることが多かったため、悪魔町とも呼ばれていた

そこで明治2年に、この地に約9000坪の火除け地を作り
遠州(静岡)から、火除けの秋葉大権現を勧請したのが
秋葉原(当時はあきばがはら)の始まりとか

その後、秋葉神社が移転し、鉄道が出来てからは
秋葉原(あきはばら)と呼ばれるようになった



050705

万世橋

明治5年、東京市で始めての石の橋で、
永世不朽の橋とのことで万代(よろずよ)橋と命名されたが
鉄橋に架け替えられた時、万世(よろずよ)橋とした

しかし、いつのころからか「まんせいはし」が一般化した



(東京都千代田区外神田) 0507/0905

2009/04/12

浅草・伝法院通り/東京

N9044
upwardright仲見世通り


N9046
upwardright伝法院通り

N9045
upwardright白浪五人男


N9047

N9048 
upwardright伝法院正門

浅草の仲見世通りから左(西)に入った所が伝法院通りだ

この門(5枚目写真)の奥には、
江戸中期に建てられた浅草寺の本坊である伝法院がある

客殿・玄関・没者の間は安永年間(1772~1778年)の建築で、

客殿は山内二十四ケ寺の住職の修行道場となっている

伝法肌とは、
ここの門番が住職法親王の威光を頼んで無茶なことをしたことから、
粗暴な振る舞いをする悪い意味であった

その後、男伊達(おとこだて)のある気風(きっぷ)のいい者を
指して「伝法肌」と言うようになったとか



(東京都台東区浅草) 0904/0904

2009/04/04

浅草・隅田公園/東京・台東区

N9042

N9043

N9041 


隅田川畔の隅田公園である

♪春のうららの隅田川・・・
のはずが、生憎の小雨となってしまった

それでも、傘を差しながらながら花見の宴を行っているグループがいた





(東京都台東区花川戸) 0904/0904

2009/03/11

築地川銀座公園/東京

N9039

N90311

開演前に、歌舞伎座の前の晴海通りを築地本願寺の方に行った
その途中の、現在は首都高速道路となっている旧築地川の
萬年橋の両側に、こんな公園が出来ている

その中央に名犬チロリ記念碑がある
捨て犬であったチロリが殺される直前に助けられ、
セラピードッグ(動物介在療法)として訓練され
多くの高齢者や障害者に貢献したという
国際セラピードッグ協会より名誉セラピー・ドッグ第1号に認定された

3枚目の写真は、南西側(下流川)で左正面の建物が新橋演舞場である
なお、この公園は避難者が広域避難場所へ避難する前の
中継地点として一時的に集合する場所に指定されている



(東京都中央区築地) 0903/0903

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ