東北

2015/08/25

宮古・浄土ヶ浜/岩手県

Iwate1

国の名勝に指定されている、宮古・浄土ヶ浜です。

「さながら極楽浄土の如し」とのこと、

いいところですね


15076

三陸海岸を代表する景勝地、
お馴染みの浄土が浜の写真です。

今が旬の、入り江を利用した海水浴場は、
環境省の「快水浴場百選」に選定されているのですね




(岩手県宮古市) 6408/1508




2010/04/22

大河原、一目千本桜/宮城

10048

100410

10049

白石川・一目千本桜

宮城県で唯一日本さくら名所百選に選ばれている
一目(ひとめ)千本桜が満開であった。

蔵王連峰を源流とする白石川沿いに、上流の金ヶ瀬地区から
隣の柴田町船岡地区まで、約8km、1200本
の桜並木である。

一目千本桜というから、一目で千本の桜が見えるところと思っていたが、
実際は奈良の吉野山が平安時代より「一目千本」とよばれていたことに
肖って
名付けられたようだ。

桜の開花期にはJR東北本線は、この並木沿いを徐行運転している。
並木のすぐ傍を走っているので、実に見事な眺めであった。

(宮城県柴田郡大河原町) 1004/1004

2010/04/21

白石城跡/宮城

10045

白石城(益岡城)

久しぶりに、白石城に訪れた。
今は益岡公園として整備され、三階櫓と大手門が復元されている。

白石城は、後三年の役(1083~87年)の際、
源義家に従った刈田経元(かったつねもと)がここに
白石城を築いたのが始まりと言う。

現在の城郭となったのは、秀吉の奥州仕置で、蒲生氏郷の所領となり、
蒲生郷成が城主となり、近世城郭として整備し益岡城と改称した時である。

関ヶ原の戦いの後、伊達領となり政宗の重臣である片倉小十郎景綱が
1万8千石の城主となり、明治維新まで11代260年にわたり続いた。

江戸時代は一国一城であったが、
例外として仙台城の支城として認められていた。



10046

三階櫓と大手門

昭和62年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の放送により、
白石城復元運動が起こり、平成7年に幕末の三階櫓と大手門が復元された。


10047

本丸跡、片倉小十郎頌徳碑

白石城本丸跡にある、城主片倉小十郎景綱頌徳碑である。
伊達政宗の傳役を務めた腹心の部下であった。

丁度、桜が満開であった(撮影日4/18)。



(宮城県白石市益岡町) 1004/1004 

2009/12/05

新白河駅西口(高原口)

091201

東北本線の新白河駅で、在来線乗り継ぎの合間に途中下車した
前回訪れた時は、反対側の東口で、駅前のホテルに宿泊したが、
今回は、待ち時間を利用しての駅西口(高原口)散歩であった

新白河駅は、白河市にあるのではなく、西郷(にしごう)村にある
駅舎は、白河市と西郷村の境界付近にあり、
ホームの一部は白河市に掛かっているが
新幹線停車駅では唯一、村にある駅である

昭和19年の開業当時の駅名は「岩城西郷」であったが、
昭和57年の新幹線開業と同時に、現在の「新白河駅」となった

駅の東口が白河市側で、西口が西郷村への玄関口となっている

村名は、江戸時代の山根13ヶ村の別称であった「西郷の村々」による
西郷村は那須火山群の三本槍岳(1917m)、旭岳(1835m)の
東斜面と阿武隈川の最上流域に広がる村である


(福島県西郷村) 0910/0912

2009/03/28

秋田城址/秋田

S04072

秋田と言うと、千秋公園の久保田城が有名である
佐竹氏の居城だ

しかし、今回のこの秋田城址はそれ以前の奈良時代に
北辺守備と出羽の国開拓のために築かれたもので
当時は「出羽柵」と呼ばれ、国府が置かれていた

大陸の渤海国との交易拠点としても有名であった

760年頃より秋田城と呼ばれるようになり
古代の政治・軍事・文化の中心地であった

そんな面影を求めてみた
手前の杭は、政庁の跡で、遠方の建物は
秋田城の外郭東門である

詳細リンク:写真紀行「秋田城址
(秋田県秋田市寺内) 0407/0807

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ