« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017/01/30

府中市・片町~本宿町/甲州道中50

09cyohu35

京王線踏切

府中市片町、京王線の踏切である。
この左側には、分倍河原駅のあるところだ。

この踏切を渡ると、府中市片町から美好町と変わる。



09cyohu37

美好町旧家

府中市美好町(旧本宿村)の旧甲州街道左側にある旧家。
かつて、旧本宿村の名主を務めた内藤家だ。

それにしても、立派な冠木門風の銅葺き屋根付き門である。

調べてみると、この門は幕末期に、
府中の本陣であった番場宿の矢島家の門を移しものとの事だ。

門柱には、防犯連絡所と書かれてあった。




09cyohu39

本宿碑

本宿交差点にある府中本宿跡碑。

本宿村は、現在の西府町2丁目、本宿町、そして美好町3丁目の
一部からなる旧甲州街道沿いの集落であった。

幕末の地誌には、全戸数169で、
街道の左右に軒を連ねていたとあるところだ。

本宿は甲州街道が、
多摩川の河岸段丘の崖下を通っていた頃の宿場であった。





0909/1611
詳細リンク:甲州道中50「府中市・片町~本宿」/街道写真紀行

2017/01/29

映画「ジャック・リーチャー」

平成27年12月
新宿ピカデリー




タイトル キャスト コメント


ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK


   2016年 
      アメリカ

   監督
    エドワード・
         ズウィック




   トム・クルーズ

   コビー・
     スマルダーズ

   オルディス・ホッジ

   タニカ・ヤロシュ

       
 

  米軍の優秀な元秘密捜査官は、放浪生活を送ったいたが、店でトラブルに見舞われた上に、保安官に連行されそうになり、自分を巡る何かしらの陰謀が動き出していることを察知する。
  派手な見せ場の連続となっている。








詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2017/01/20

映画「種まく旅人~夢のつぎ木~」

平成28年
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント
種まく旅人~夢のつぎ木~

2016年 
      日 本

監督
      佐々部 清


    高梨 臨

    斎藤 工

    池内 博之

    永島 敏行

    田中 麗奈

    井上 順

 

   両親亡きあと、桃農家を継いでいた兄が病に倒れそのまま他界する。女優になる夢を追いかけて上京していた妹は実家に戻り、兄の悲願であった新種の桃の栽培を始める。
    岡山県赤磐市の桃農家を舞台に、兄の遺志を継ぎ、新種の桃の栽培に挑戦するとヒロインの姿を、農林水産省の職員を絡め、温かく展開させている。


      




詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行
 

2017/01/14

「壽 初春大歌舞伎」/歌舞伎座

演 目 役 者 観 劇 記
真山青果作
真山美保演出
大政奉還150年

将軍江戸を去る


         一幕三景
         
 染五郎

  愛之助

  慶太郎

  歌 昇

  又五郎



         


    朝廷に大政を奉還した徳川慶喜は江戸出発を明日に控え、上野寛永寺で恭順謹慎していたが、幕臣の主戦論者の意見に心が揺らいでしまい、出発延期を願い出る。
    その事を知った高橋伊勢守や山岡鉄太郎らが慶喜を諫めにやって来る。恭順を翻意すれば江戸で戦が起こり、罪もない人々が血を流すことになると必死に説得する。
    慶喜の心の葛藤を描いた重厚な台詞劇となっている。



河竹黙阿弥作
二世藤間勘祖構成
大津絵道成寺



    愛之助五変化

    常磐津連中
    長唄囃子連中
 愛之助

  佳歌昇

  種之助

  染五郎


         


    近江の三井寺では鐘供養が行われ、外方が唐子を従えて酒宴を始めると、藤姫が鐘を拝ませてほしいと現れる。
    藤姫は舞を始めるが、いつの間にか消えてしまう。その後、鷹を追って鷹匠が現れ、犬とじゃれ合う座頭、いなせな船頭が現れて踊る。
    再び藤姫が現れるが、落ちた鐘の中に姿を消してしまう。
    弁慶が祈ると、鐘の中から大津絵の鬼が現れて・・・
    大津絵の中に登場する五役を、一人の俳優・愛之助が踊り分ける趣向となっている。楽しい舞踊劇であった。


伊賀越道中双六

  沼津



      一幕
 吉右衛門

  雀右衛門

  吉之丞

  歌 六



         


    東海道を旅する呉服屋十兵衛は、沼津のはずれで出会った年老いた雲助に頼みこまれ荷物を持たせるが、雲助は怪我をしてしまい、持参の印籠の中の妙薬で治療する。
    雲助を家まで送り届けたが、雲助と娘の話を聞いて、驚くべく事実に気づいた呉服屋は・・
    偶然が重なって起きた悲劇を巧みに組合せ、生き別れた親子の悲しい再会を描いた義太夫狂言の名作です。







詳細リンク:「歌舞伎」/悠々人の日本写真紀行

2017/01/08

府中市・宮西町~片町/甲州道中49

1fucyu39

長福寺

府中市宮西町、旧甲州街道右側にある長福寺。
時宗、古木山諏訪院長福寺。

寺伝によれば、寛喜2年(1230年)天台宗の寺として創建された古刹。

初めは勝福寺であったが、
その後正応年間(1288~1292年)に、時宗遊行派長福寺に改まった。

新編武蔵国風土記には、番場宿長福寺と記載されている。




1fucyu40

下河原緑道

府中、下河原緑道。
もとの国鉄下河原線の線路跡が緑道として整備されたところだ。

下河原線は、多摩川の砂利運搬を目的として
国分寺駅から南部の多摩川・下河原間に
大正5年に出来た軍用鉄道であった。

昭和8年、東京競馬場の開設に伴い、
競馬開催日に限り旅客業務も行うようになった。

その後、通勤者専用電車として利用されていたが、
昭和48年に旅客業務が廃止  、
昭和51年には貨物線も廃止となった。




1fucyu41

高安寺

旧甲州街道左側にある高安寺山門。
この辺は、番場宿と呼ばれていたところだ。

高安寺は、もと武蔵国の国司であった藤原秀郷の館跡であった。

慶応年間(1338~42年)、
足利尊氏が全国に建立した安国寺の一つであった。

多摩川を望む段丘上のあるため、
境内は要害としてたびたび陣所となったため、荒廃した。

その後、慶長年間(1596~1615年)に
青梅の海禅寺の関州徳光禅師によって再興され、
曹洞宗高安寺と改められた。





詳細:甲州道中「府中市・宮西町~片町」/街道写真紀行
0909/1701
ks

2017/01/01

謹賀新年

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。



Photo
 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ