« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016/11/22

映画「ジェイソン・ボーン」

横浜ムービル




タイトル キャスト コメント


ジェイソン・ボーン


2016年 
    アメリカ

  監督
   ポール・
    グリーングラス



  マット・デイモン

   ジュリア・
       スタイルズ

   アリシア・
       ヴィカンダー

    ヴァンサン・
       カッセル


   

 
記憶を失ったジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くシリーズ第5作。
     ひっそりと暮らしていたジェイソンの前に、CIAの同僚だった女性が姿を現し、CIAが世界中を監視操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ジェイソンの過去に纏わる真実を告げる。
     これをきっかけに自身の隠された過去の秘密を巡り、新たな戦いに身を投じることになる。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/11/21

府中市・宮西町(番場宿)/甲州道中48

1fucyu34

府中宿神戸

府中宿神戸(ごうど)は、現在の府中市宮西町二丁目の
旧甲州街道沿いの集落のことだ。

この集落は府中の番場宿に属していた。

神戸の地名の起こりは、この地に郡家(こほど、ぐんけ)があったことによる。
そのコホドが転訛してゴウドとなったようだ。

神戸の字が、後になり当てられた由。




1fucyu35

府中宿高札場

府中宿の中心で、甲州街道と鎌倉街道の交差するところに
高札場があったので、ここは札の辻と呼ばれていた。

屋根のある札懸けで、ここに6枚ぐらいの高札が架けられた。

なお、高札場は江戸時代が最も盛んで、
法度、掟書、犯罪人の罪状などを記し、
人通りの多い市場や、辻、街道の宿場、
村の名主宅前などの目立つところに設置された。




1fucyu36

府中宿、中久商店店蔵

旧甲州街道府中宿には古い民家が散在している。

写真は店蔵となっている中久米店である。
萬延2年(1861年)に建てられたもので、隣は問屋場であった。

この辺は、武蔵府中宿の中心であった。



詳細リンク:甲州道中48「府中市・宮西町(番場宿)」/街道写真紀行
0909/1610

映画「SCOOP!」

平成28年10月
横浜ムービル

タイトル キャスト コメント


SCOOP!


  2016年 
      日 本


   監督
     大根 仁



   福山 雅治

   二階堂 ふみ

   吉田 羊

   滝藤 賢一

   リリー・フランキー

   斎藤 工


 写真週刊誌「SCOOP!」に所属し、数々のスクープ写真を撮ってきた敏腕な中年カメラマンであったが、今はギャンブルに溺れ借金に追われているフリーランスのパパラッチとなっていた。
   そんな中、週刊誌の編集長より、女性新人記者とタッグを組み、育成しながらスクープ写真の撮影を依頼される。
   日本のパパラッチの生きざまを面白く描いております。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/11/15

映画「真田十勇士」

平成28年10月
横浜ブルグ13




タイトル キャスト コメント
真田十勇士
    
2016年 
     日 本

  監督
     堤 幸彦


    中村 勘九郎

    松坂 桃季

    大島 優子

   永山 絢斗

    松平 健

    大竹 しのぶ




 関ヶ原の戦いから10年、徳川に反旗を翻す秀頼の勢力は、平凡な武将にもかかわらず、天下の武将として真田幸村と彼が率いる真田十勇士を祭り上げ、急先鋒に立たせて合戦に臨む。
 そんな幸村を猛将に仕立て上げようと、猿飛佐助は10人の仲間を集め画策し、大坂冬の陣、夏の陣に挑む。
 面白い設定で、楽しませてくれます。戦闘シーンは、見応えがあります。





詳細:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/11/14

府中市・大國魂神社/甲州道中47

1fucyu29

大國魂神社拝殿

祭神は大国魂大神で、武蔵国の鎮守として創建され、
大化の改新(645年)の時、
府中に国府が置かれると武蔵総社となった。

この時、武蔵国内の6つの神社(一之宮~六之宮)である、
小野、小河、氷川、秩父、金讃、杉山神社が合祀され、
「六所宮」とも呼ばれていた。

その後、鎌倉幕府を始め、北条、足利氏等古くより武家の間での崇敬が篤く、
江戸時代には500石という武蔵国最大級の朱印地を有する大社となった。

現在の大国魂神社は、明治18年に改称されたものだ。
拝殿(写真)は、その時に改築されている。

社殿は、家康の命で大久保長安により
寛文7年(1667年)に再建されたもので、
東京都の有形文化財に指定されている。



1fucyu31

大國魂神社鼓楼

時刻や緊急事態を知らせるため、太鼓を置いた。
寺の鐘楼に対し、神社で太鼓を置くから「鼓楼」と呼ばれた。

正保3年(1646年)に火災で消失したものを、
嘉永7年(1854年)に再建したものだ。



1fucyu32

武蔵国府跡

大國魂神社の境内に、国史跡・武蔵国府跡碑がある。

武蔵国府は、武蔵野台地上に広がり、
その中心が武蔵国総社「大国魂神社」にあった。



詳細リンク:甲州道中47「府中市大国魂神社」/街道写真紀行
0909/1610

吉例顔見世大歌舞伎/歌舞伎座

平成28年11月
八代目中村芝翫他襲名披露
歌舞伎座



演 目 役 者 観 劇 記
川口松太郎作
成瀬芳一補綴・演出
四季三番草
(しきさんばそう)

 清元連中
 囃子連中
 

   梅 玉

   扇 雀

   鴈治郎



        


   翁、千歳が四季折々の花を読み込みながら連舞、そして三番叟が鈴を鳴らしながら五穀豊穣を祈り拍子を取りながら軽快に踊る。
   清元の軽やかな名曲に乗せた祝儀舞踊。襲名披露の舞台に相応しい舞踊であった。


  歌舞伎十八番の内
毛抜
     (けぬき)

       一幕
   

   芝 翫

    松 也

    梅 枝

    高麗蔵

    彌十郎





         


    小野春道の屋敷で、家宝である小野小町の短冊が盗まれた上、輿入れまじかの姫が奇病に罹ってしまう。
    輿入れが遅れている姫の様子伺いに来た嫁ぎ先の家臣は、姫の髪の毛が逆立つ奇病を見て驚くが、毛抜きが一人で踊りだしたことから奇病の仕掛けを見破る。
    奇抜な趣向が楽しい、味わい深い舞台となっている。


河竹黙阿弥原作
今井豊茂脚本
祝勢揃壽連獅子
  (せいぞろいことぶきれんじし)

      長唄囃子連中
   

  橋之助改め
  芝 翫

   
国生改め
    橋之助

   
宗生改め
    福之助

   
宜生改め
    歌之助

    仁左衛門

    藤十郎



         


     今回襲名披露した親子4人で演じる連獅子。
     4人の狂言師が手獅子を携え、親が仔を千尋の谷に蹴落とし、自力で這い上がってきた仔だけを助けるという文殊菩薩の霊獣の故事を踊って見せる。
     その後、親獅子と仔獅子の精が現れ、豪放な狂いを見せ、勇壮な毛振りで舞い納める。
     親獅子と仔獅子を演じた親子4人の力演であった。
河竹黙阿弥作
盲長屋梅加賀鳶
加賀鳶
  (かがとび)

     長唄囃子連中
    

   幸四郎

     秀太郎

     染五郎

     松 也

     左團次

     梅 玉



         


  本郷界隈の人は、大名火消しの加賀鳶と、旗本配下の定火消しとの喧嘩を恐れて木戸を締めきってしまう。
  そこへ、鳶頭を始め若い加賀鳶たちが勢揃いし一触即発の状態となる。
  粋な鳶と小悪党のやり取りを鮮やかに描く人気作です。
  河竹黙阿弥が江戸の市井に生きる人々を巧みに描く世話物の名作です。






詳細リンク:「演劇」/悠々人の日本写真紀行

2016/11/07

映画「ハドソン川の奇跡」

平成28年10月
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント

ハドソン川の奇跡


  2016年 
      アメリカ

  監督
   クリント・
     イーストウッド




   トム・ハンクス

   アーロン・エッカート

   ローラ・リニー

   アンナ・ガン
 

  2009年1月、真冬のニューヨークで、無事離陸したが、マンハッタンの上空わずか850mという低空地点で鳥の群れに突っ込み全エンジン停止してしまう。
   このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で、機長はハドソン川への着水を決断。
   奇跡の胴体着陸に成功し、被害を最小限に食い止めるが、調査委員より、事故は機長の過失によるものではないかと疑惑をもたれ、意外な展開となっていく。
   事故の模様と、調査の過程を交互させ、緊迫した映画となっている。状況次第では、英雄が犯罪者になりかねない厳しさが、良く伝わってくる。

詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ