« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016/09/26

映画「後妻業の女」

平成28年9月
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント
後妻業の女

2016年 
     日 本

監督
     鶴橋 康夫



       大竹 しのぶ

       豊川 悦司

       尾野 眞千子

       長谷川 京子

       笑福亭 鶴瓶

       津川 雅彦

       柄本 明

   

  妻に先立たれ、婚活パーティーで出会った女性と結婚。そして病に倒れ他界すると、遺産すべてが後妻に納まった女に渡り、遺族に一切残らないという公式証書遺言状を見せられた娘は、疑念を抱き探偵に調査依頼をする。
    独り身の高齢男性の後妻に納まりその資産を狙う女と、孤独な老人を食い物にしていく結婚相談所所長を中心に、欲にとりつかれた人々の群像劇をユーモアを交えて描いている。

 

詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/09/20

敬老の日


敬老の日で、孫たちが絵を描いて持ってきた。

1609mago
 

孫たちが帰った後は、まさに嵐(豆台風)の後の静けさでした。
 
この言い回しは、英語からきているようですね。
(After a storm comes a calm)

日本語では、「嵐の前の静けさ」・・・

2016/09/15

9月新派特別公演/新橋演舞場

演 目 役 者 観 劇 記
川口松太郎作
成瀬芳一補綴・演出

振袖纏
   (ふりそでまとい)

     一幕
 

   尾上 松也

   瀬戸 摩純

   立松 昭二

   伊藤 みどり

  市川 春猿

  市川 猿弥



         


   駒形の大店の跡取り息子は、鳶職に憧れ、ち組の頭の世話になって、火消しの華と言われる纏持ちを任されるようになる。
   頭の娘とも相思相愛となり子供まで授かるが、大切な跡取り息子を取り戻したい大店の番頭は、主人の意を汲んで、生まれてくる赤ん坊を・・・
   実在の纏持ちをモデルにした人情味あふれる作品となっている。
   ラストの火事場の舞台は迫力があり盛り上がりました。
二代目喜多村緑郎襲名披露
口上
 市川月乃助改め
 喜多村 緑郎

 水谷八重子
           他幹部一同



         
   

  幹部一同とともに、市川月乃助改め喜多村緑郎の襲名披露口上。
    先代の喜多村緑郎は、昭和30年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、文化功労者に選ばれている。
    先代を越える大役者を期待して万雷の拍手であった。


北條秀司作
場正昭演出

深川年増

    (ふかがわとしま)


  染五郎

   猿之助

  獅 童

  笑也

   高麗蔵

  右 近


       


    明治20年、木挽町に歌舞伎座が出来、歌舞伎に改良芝居が始まり、役者の品行にも目が光るようになってきた。
    そんな中、やむなく下回りの役者は、女房に内緒で囲っている妾と別れることにして手切れ金を渡す。
    ところが、その妾が大金持ちに成りすまし、役者の婿入り先の家へ乗り込んで来る・・・
    何とも軽妙な傑作喜劇となっている。






詳細リンク:「演劇」/悠々人の日本写真紀行

2016/09/08

府中市・白糸台(旧上染屋)/甲州道中43

1fucyu09


武蔵府中郷土かるた碑

下染谷神明社参道に
         
  「ぬ 布をさらして 白糸染屋」
         
と刻まれた歌碑が建っている。

郷土府中の歴史・文化・自然にて、
昭和48年に制定された武蔵府中郷土かるたである。
市民より公募されたものを纏めたいろはがるたとなっている。

因みに、いろはの「い」は

  「いちばんはじめに 武蔵の国府」
         
となっている。




1fucyu12

京王線白糸台駅

西武多摩川線の甲州街道踏切だ。

西部多摩川線は、武蔵野市の中央本線・武蔵境駅と
府中市の是枝駅を結ぶ全長8kmの単線の路線である。

もともとは、多摩川の砂利を運ぶ鉄道であった。


写真は西武多摩川線甲州街道踏切より左側、
白糸台駅ホームである。
この左手が、西武多摩川線白糸台車両基地となっている。

なお、白糸台駅は、大正6年に開業した駅だ。

開業当時は、多摩鉄道の北多摩駅で、
平成13年に現駅名(白糸台駅)に改称された。




1fucyu13

上染屋不動尊

街道左側にある上染屋不動堂尊。

江戸時代は、不動明王を本尊とする玉蔵院で、
染屋八幡神社の別当寺であった。

境内にあるお堂に安置された銅造阿弥陀如来像は
国の重要文化財に指定されている。

元弘3年(1333年)、
新田軍に属して鎌倉攻めに加わった里見義胤が
この阿弥陀如来像を奉じて戦いに臨んだという。





詳細リンク:甲州道中43「府中市白糸台(上染屋)」/街道写真紀行
(東京都府中市 白糸台)    0909/1609

2016/09/03

映画「秘密 THE TOP SECRET」

平成28年8月
横浜ブルグ13


タイトル キャスト コメント
秘密 THE TOP SECRET

2016年 
      日 本

監督
  大友 啓史






     生田 斗真

    岡田 将生

    吉川 晃司

    松坂 桃季

    織田 梨沙

     大南 晴夏



   

  死者の脳をスキャンして、生前の記憶を映像化するMRIスキャナーが開発され、このシステムを導入した科学警察研究所法医第九研究室が組織される。
    様々な難事件の捜査に当たる中、家族を殺害し死刑を執行された男の脳をスキャニングすると、事件発生当時から行方不明となっている彼の娘がナイフを手にした姿を捉えた映像が現れる・・・
    なかなか凝った脚本ですね。二転三転する展開も見応えがあります。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/09/01

府中市・白糸台(旧下染屋)/甲州道中42

1fucyu04

観音院金剛寺

府中市白糸台、旧下染谷村にある神明山観音院金剛寺の本堂である。
本尊である、観音如来像が安置されており、染屋観音と呼ばれている。

この観音院は、多摩川三十三ヶ所観音零場の21番となっている。




1fucyu05

下染屋神明社

観音院に隣接してある下染屋神明社。

府中市白糸台3丁目で、かつての下染屋村にある神明社だ。
下染屋村は、現在の白糸台3丁目がその中心であった。

下染屋神明社は、
文永年間(1247~1264年)の創建と伝えられている。




1fucyu07

下染屋案内標識

下染屋の説明碑があった。

下染屋(しもそめや)は現在の白糸台3丁目の
旧甲州街道沿いに集落の中心があった。

幕末の地誌には、民戸37軒が甲州街道沿いに並んでいた。
         
地名の起こりは、調布の布を染めたところで、
鎌倉時代には染殿があった所といわれている。

もともとは染屋村であったが、
その後、上下2村に分かれたが、その時期は不明とのこと。

寛永12年(1635年)の検地帳には、下染屋となっている由。
なお、染屋の地名は、南北朝時代の資料にも載っている。





詳細リンク:甲州道中42「府中市・白糸台」/街道写真紀行
  (東京都府中市 白糸台)    0909/1608

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ