« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016/07/28

映画「ダークプレイス」

平成28年7月
横浜ムービル

タイトル キャスト コメント


ダーク・プレイス


2015年 
        英・仏・米

監督
 ジル・パケ
    =ブランエール




   シャーリーズ・
         セロン

   ニコラス・ホルト

 クロエ・
    グレース・モレッツ

 タイ・シェリダン




  8歳の時に起きた一家惨殺事件で生き残った女性が、有名事件の真相について話し合う「殺人クラブ」から招待状が届く。
  彼女が兄の犯行を目撃したとの証言で、当時15歳であった長男は終身刑を宣告されていた。
    その事件について話してくれれば謝礼を支払うという。生活に困っていた彼女は、家族を襲った悲しい事件を振り返るが・・・
     意外な展開へと発展していく様は見事ですね。




詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

調布市・布田~下石原/甲州道中38

09cyohu19

調布駅入り口


この先の信号を左折すると京王線の調布駅だ。
住所は調布市布田5丁目である。

新宿より15.5km、大正2年に開業した駅で、
ここから調布と相模原市橋本駅を結ぶ
京王相模原線が分岐している。

この辺が旧甲州街道の布田五宿の一つ
上布田宿のあったところである

街道右側に上布田宿の案内板があった。

「上布田宿 近藤勇と新選組ゆかりの人 伊東玄朴」
と書かれた標識が建っていた。

伊東玄朴は蘭方医で、シーボルトの弟子で幕府奥医師となった人。

近藤周助の弟子であった勇が、病に罹り症状が悪化した時に、
診断、投薬して本復させたという。




09cyohu21

布田天神社参道

街道右側の布田天神社参道。

布田天神社は、調布市長府ヶ丘にあり、
延喜式神名帳に載っている多摩でも有数の古社である。

甲州道中、布田五宿の総鎮守で、
この布田天神社の前は、市場が開かれ賑わっていたようだ。




09cyohu23

下石原常満寺本堂

調布市下石原に入ると、街道左側にある常演寺。
神向山花光院と号する天台宗の寺院だ。

多摩川三十三ヶ所観音の霊場17番となっている。

新編武蔵国風土記によると、開山は不明であるが
中興した良賢が延宝7年(1679年)に死亡したとある。

なお、当山の山号の神向山は、
旧甲州街道を隔てて反対側に八幡神社があったことによる。





詳細リンク:甲州道中38「調布市・布田~下石原」/街道写真紀行
(東京都調布市 布田 下石原) 0909/1606


2016/07/26

松竹新喜劇、爆笑七夕公演/新橋演舞場

平成28年7月
新橋演舞場



演 目 役 者 観 劇 記
茂林寺文福
川浪ナミオ脚色
愛の設計図

       一幕

 藤山 扇治郎

  渋谷 天外

  高田 次郎

 小島 慶四郎

 大津 嶺子
         
 久本 雅美



       


    間文太郎は大学を卒業し一級建築士を目指して大崎工務店に勤めるが、あることからクビになりかけます。
    見かねた現場監督の石原堅造が文太郎の窮地を救って建設現場で働かせるが、人情深く信望厚いと評判の石原がどういうわけか文太郎にだけ厳しくあたるその訳とは…。

   
良く練れた脚本で、ホロリとさせられます。

藤山寛美27回忌追善
ご挨拶

    渋谷 天外

   高田 次郎

   水谷 八重子

    久本 雅美

    藤山扇治郎

  他一同


         


    亡き藤山寛美の名場面の映像が映写され、その後に孫の藤山扇治郎他、幹部、OBの思い出話と挨拶があった。


一竜斎貞鵬口演
平戸敬二脚本
浪花の夢
        宝の入船


      二幕

 藤山 扇治郎

  渋谷 天外

 高田 次郎

 水谷 八重子

 久本 雅美

 小島 慶四郎

 大津 嶺子

         


         


    
大坂で一旗揚げようと、近江の堅田から石工の源造が亡き親方が残した石灯籠を担いでやってくる。
     運よく出会った大梅屋の女将お勝が、その石灯籠を買ってくれた、源造は店の若い者といざこざを起こし、店から投げ出されてしまう。
     その時たまたま居合わせた備前屋太左衛門との出会いが思わぬ展開に…。

     これは、傑作ですね。扇治郎の熱演もあり、最後まで楽しめます。

詳細リンク:「演劇」/悠々人の日本写真紀行

2016/07/21

映画「ウォークラフト」

平成28年7月
横浜ムービル




タイトル
キャスト コメント


ウォークラフト


   2016年 
      アメリカ

    監督
     ダンカン・
        ジョーンズ



    トラヴィス・フィメル

 ポーラ・パットン

   ベン・フォスター

   ドミニク・クーパー
   

 王国アゼロスの平和は、驚異的な侵略者の接近によって危機に瀕していた。
    オークが滅びゆく故郷を捨て、新たな定住地を求めて人間に戦いを挑もうとしていたのだ。
    大規模多人数同時参加型オンラインRPGを映画化したスペクタルファンタジー。
    スケールの大きなファンタジーの世界を楽しめます。


        

詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/07/16

映画「高台家の人々」

平成28年7月
横浜ムービル



タイトル キャスト コメント
高台家の人々

   2016年 
       日 本

   監督
      土方 政人





     綾瀬 はるか

     斎藤 工

     水原 希子

    間宮 祥太朗

    大地 真央

    市村 正親

    シャーロット・
      ケイト・フォックス



    何かと妄想しては自分の世界に夢中になってしまう癖のあるOLの勤める会社に、ニューヨーク支社から、莫大な資産を抱える名家・高台家の長男が転勤してくる。
    彼は、彼女の心の中を覗けるテレパシーの持ち主であった。
    面白い設定で、最後まで引っ張ってくれますね。良く出来たロマンチックコメディです。






詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/07/12

映画「64-ロクヨンー後篇」

平成28年6月
横浜ムービル



横浜ムービル

タイトル キャスト コメント
64ーロクヨンー後編

2016年 
       日 本

監督
     瀬々 敬久







     佐藤 浩市

    綾野 剛

    螢倉 奈々

    夏川 結衣

    緒形 直人

    烏丸 せつこ

    小澤 征悦

    三浦 友和




 昭和の最後の週に起きた未解決誘拐事件と、新たに発生した類似の事件の謎に迫る、県警の広報官。
   警察と記者クラブとの摩擦や警察内の対立、主人公の娘の行方などを織り込んで、重厚で緊迫な展開となっている。
   意外な展開ですが、伏線は丁寧に張ってあり、見応えのある映画となっていますね。





詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/07/08

調布市・国領町~布田/甲州道中37

09cyohu15a_2

京王線布田駅口


旧甲州街道の京王線布田駅前交差点である。
布田駅となっているが、地名は調布市国領町5丁目だ。

この辺が国領宿の中心であったのであろう。
この交差点右手には常性寺がある。

国領は、所謂布田5宿の内の最初の宿場である。

布田5宿は、
国領、下布田、上布田、下石原、上石原の5宿を合わせて
1宿の機能を持っていた。

5宿は、月に6日ごとに交代する当番制であった。

ただ、旅人の多くは、ここの宿場を素通りして、
次の府中宿まで足を延ばした為、
本陣・脇本陣もなくひっそりした宿場であったようだ。

因みに、国領宿は旅籠1、問屋場1、総家数61軒の宿場であった。



09cyohu15_2

常性寺

甲州街道右側にある常性寺。
地名は調布市国領である。

創建は鎌倉時代、医王山長楽院常性寺で、真言宗の寺院だ。

本堂(薬師堂)、不動堂、地蔵堂があり、
不動堂は、調布の不動尊として知られているところである。

常性寺境内にある、近藤勇と新選組ゆかりの地の説明板がある。

説明によると、境内には、
天然理心流三代近藤周助の弟子であった原田忠司の墓がある。

近藤勇の兄弟子に当たり、国領宿の名主に見込まれて、
原田道場を開いた人物で、勇の才能を見抜き、
師匠の周助に引き合わせたとのことだ。




09cyohu17_2

蓮慶寺

調布市布田に入ると、左側に蓮慶寺がある。

日蓮宗大本山池上本門寺の直末である。
慶長3年、北條12将の一人、
布田の領主であった中将出羽守の開基とのことだ。

江戸時代は徳川家光より、
慶安4年に御朱印地10石9斗が下賜され、
御朱印寺として、赤門設立と住職の乗駕が許されてきた。

写真は蓮慶寺山門で、往時の冠木門が残されている。

この本堂は、寛政5年(1793年)に再建されたもので、
調布市指定文化財に指定されている。
書院造り風の建物で、背面に仏壇と位牌檀を接続している。

昭和42年、老朽化により改修されている。


   

詳細リンク:甲州道中37「調布市・国領町~布田」/街道写真紀行
(東京都調布市 国領町 布田)    0909/1607

2016/07/04

映画「サウスポー」

平成28年6月
横浜ムービル




タイトル キャスト コメント


サウスポー


  2015年 
     アメリカ

  監督
   アノトワーン・
        フークア




   

シェイク・
   ギレンホール

フォレスト・
   ウィテカー

レイチェル・
   マクアダムス

ナオミ・ハリス




 試合に纏わるいざこざが原因で妻を殺され生きる気力を亡くしたボクサー。
 世界チャンピオンの座から転落し、娘とも離れ離れになってしまうが、アマチュアボクサーのトレーナーと出会い、娘との信頼を取り返すために再起を図る。
 似たような主題の映画は多いが、これは正統派の骨太の映画となっている。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

映画「復活」

平成28年6月
横浜ムービル




タイトル キャスト コメント


復活


2016年 
      アメリカ

  監督
   ケヴィン・
       レイノルズ




  ジョセフ・ファインズ

 トム・フェルトン

 ピーター・ファース

 クリフ・カーティス



 古代ローマ。ローマ軍の百人隊長クラヴィアスは、自身が処刑に携わったイエス・キリストの遺体が消えてしまったとの報告を受ける。
 凄まじい勢いで広がっていくキリスト復活の噂と、エルサレムで高まるローマ帝国への反乱運動の鎮静化を図りたいローマ総督ピラトに命じられ、キリストの弟子たちが遺体を隠したと睨んで、彼らの隠れ家に乗り込んでいく・・・
 いい脚本で、神秘的な展開を見事に描き、見応えのある映画となっている。




詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ