« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/19

映画「あやしい彼女」

平成28年4月
横浜ブルグ13



タイトル キャスト コメント
あやしい彼女

2016年 
  日 本

監督
  水田 伸生


 多部 未華子

 倍賞 美津子

 要潤

 北村 匠海

 金井 克子

 小林 聡美


 

  女手.で一つで娘を育て上げてきた73歳の女性は、頑固でお節介な性格のため、周りから敬遠されがち。
  それが、ふと入った写真館で写真を撮り、店を出ると、20歳の時の若々しい姿に変身していた。
  これを機会に人生を取り戻そうと、ヘアスタイルやファッションを一新して行動開始する。
  73歳の女性が外観の姿形だけ若返えるというのも面白い設定ですね。快作です。




詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/04/15

函館市・宝来町~十字街/福山街道19

2hakodate22

高田屋嘉兵衛像

函館護国神社より護国神社坂(高田屋通)を下っていくと、
函館山を背にして高田屋嘉兵衛像が建っている。

司馬遼太郎の「菜の花の沖」の主人公としても知られた
高田屋嘉兵衛は、淡路島生まれの船持ち船頭で、
江戸後期(関西年)函館に入り、交易を始めた

その後、江戸幕府の依頼で、択捉航路を開き、
函館の北洋漁業の基礎を築いた功労者で、
幕府より名字帯刀を許された豪商だ。

白御影石の台座の上に立つ銅像は、
ブロヴニン事件で、幕府の代理人として
ロシア軍艦「ジャーナ」へ乗り込んだ際の正装した姿である。

7月下旬には函館で
毎年高田屋嘉兵衛祭りが開催されている、



2hakodate24

高橋掬太郎歌碑

護国神社坂にある高橋掬太郎歌碑。

昭和6年、函館日日新聞社時代に、
日本コロンビアレコードに投稿して採用された
「酒は涙か溜息か」が刻まれてある。

古賀政男作曲、藤山一郎が歌って大ヒットした曲である。

高橋掬太郎は、その後コロンビアレコード、
キングレコードの専属作詞家となり、約3千の作詞をしている。

「啼くな小鳩よ」、「並木の雨」、「ここに幸あり」、「高原の宿」、
「雨に咲く花」等々と多くの懐かしい名作を残している。



2hakodate25

函館市電十字街停留所


函館市豊川町にある函館市電(函館市企業局交通部)の十字街停留所だ。

市電の本線と、宝来・谷地頭線の乗り換え停留所となっている。
十字街停留所は大正2年の開業。

函館市電の前身は、明治30年に開業した亀函(きかん)馬車鉄道である。


十字街交差点に、昭和14年、交差点での電車信号現示と
ポイントの切り替えを、手動による遠隔操作するために
建てられた操車塔が保存されている。

平成7年まで使用されていたもので、
現存する路面電車操車塔としては、国内最古といわれている。



詳細リンク:福山街道19「函館市・宝来町~十字街」/街道写真紀行
(函館市 宝来町 十字街 豊川町) 1210/1604

2016/04/11

四月大歌舞伎/歌舞伎座

平成28年4月
歌舞伎座



演 目 役 者 観 劇 記
松寿操り三番叟
(まつのことぶきあやつりさんばそう)

 長唄囃子連中
 

 染五郎

 松 也


 


  後見が箱から三番叟の人形を取りだし、操りの糸をさばくと、三番叟が糸に合わせて軽やかに踊り始める。
  途中、糸が切れたり縺れたりするが、無事最後まで五穀豊穣を祈り、舞い納める。
  人形らしく軽快に踊る染五郎が見事でした。

宇野信夫作・演出
今井豊茂脚本

沖津浪闇不知火
不知火検校
(しらぬいけんぎょう)

 浜町河岸より
 横山町の往来まで
 

 幸四郎

 染五郎

 魁 春

 錦之助

 孝太郎

 松 江

 廣太郎

 左團次



 


  生れた時から眼が見えず、幼い時から按摩の修行をして、盲人の中でも最上位の階級に居る不知火検校の元に弟子入りし、忠実な弟子を装いながら、隠れて数々の悪事を働いている。
  そして、仲間の手を借りながら、師匠を殺害し、二代目不知火検校の座につき、権力と大金を手に入れる。
  留まることを知らない欲望、型破りに生きるまさに悪の華、これを演じた幸四郎は格好いいですね。

岡村柿紅作

新古演劇十種の内
身替座禅
(みがわりざぜん)

 長唄囃子連中
 常磐津連中


 仁左衛門

 又五郎

 米 吉

 児太郎

 左團次


 


  愛人がはるばる都にやってきたことを知った殿さまは、何とか会いたいと思うが、奥方が片時も傍を離れようとしない。
  そこで、思案し邸内の持仏堂で、一晩座禅をする許しを奥方より得た後、座禅を家来に身替わりさせ、自分は愛人の元に出かけて行く。
  しかし、このことが発覚して、怒りに震える奥方と身代わりとなった家来、そして帰ってきた殿さまは・・・
  可笑しみ溢れる傑作ですね。殿さま役の仁左衛門の恐妻家ぶりと、左團次の奥方はいい組み合わせですね。


詳細リンク:「演劇」/悠々人の日本写真紀行

2016/04/08

函館市・護国神社~高田屋通/福山街道18

2hakodate17

護国神社拝殿

函館護国神社拝殿。
明治2年、函館戦争の戦死者の招魂場であったが、
その後、函館招魂社と呼ばれ、昭和14年函館護国神社となった。

現在の拝殿は、昭和17年に建立されたものだ。

境内には、招魂場の碑や、橘鎮魂之碑、
官軍墓地(官軍兵士の墓が約60基)等がある。

ここで、「橘」は昭和20年の函館空襲で、
函館湾で沈没した駆逐艦の名称である。



2hakodate20

高田屋通り

函館護国神社の鳥居を潜ると、護国神社坂(高田屋通)となる。

この先に、高田屋嘉兵衛像があるところだ。
司馬遼太郎の「菜の花の沖」の主人公である。

津軽海峡を挟んで、背後に伸びる半島は亀田半島だ。
左右の道は日暮し通である。



2hakodate21

高田屋通り家並み

函館護国神社から、高田屋通りの左側にある旧家。

明治38年に建造された黒漆喰の土蔵は、
元質店(ひし伊入村質店)であった

近くに花街(蓬莱町)があり、
また北洋漁業の男たちが、出漁の前に家財道具等を預け、
資金を作り、漁が終わって帰ってくると払い出ししたこともあり、
大層繁盛したらしい。

現在は、茶房ひし伊、アンテイーク店となっている。
この先に、高田屋嘉兵衛の銅像のあるところである。



詳細リンク:福山街道18「函館市・護国神社~高田屋通」/街道写真紀行
(函館市 青柳町 元町) 1210/1602

2016/04/01

映画「エヴェレスト/神々の山嶺」

平成28年3月
横浜ムービル




タイトル キャスト コメント
エヴェレスト/神々の山嶺

 2016年 
   日 本

 監督
   平山 秀幸




 岡田 准一

 阿部 寛

 尾野 真千子

 ピエール 瀧

 佐々木 蔵之介



  ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見える街で、古道具屋で古めかしいカメラを見つけるた日本人カメラマン。
  それは1924年、イギリス人登山家ジョージ・マロリーがエベレスト登頂に初めて成功したか否かが判断できるかもしれないカメラであった。
  カメラについて調べを進めると、邦人のあるアルピニストの存在に辿りついた・・・
  ユニークな展開ですね。ロケも迫力があります。原作は柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏氏の「神々の山嶺」。





詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

函館市・元町~青柳町/福山街道17

2hakodate13

函館・聖ヨハネ教会

元町、日本聖公会函館ヨハネ教会。

明治7年、英国聖公会海外伝道教会宣教師・W・デニングが
函館に来て伝道を開始したのが日本聖公会の北海道伝道の始まりで、
道内における宣教活動の根拠地であった。

現在の建物は、l昭和54年に再建されたものだ。

函館山山頂やロープウエイから眺めると、
茶色の十字形をした屋根が印象的な建物となっている。



2hakodate14

函館山ロープウェイ山麓駅

函館山ロープウェイの山麓駅だ。

昭和33年に開業したロープウェイで、
ここ山麓駅と函館山頂上(334m)までの所要時間は3分である。

日本最大の定員125人のゴンドラとして知られている。




2hakodate15

南部陣屋跡

函館山ロープウェイの山麓駅駐車場で、
函館湾の眺望が得られる。

ここは江戸時代、南部陣屋があったところだ。

寛政11年(1799年)、東蝦夷地公議御料時代、
函館の警護を命じられた南部藩が設置した陣屋で、
文政4年(1821年)松前藩の蝦夷地復領によって廃止された。




詳細リンク:福山街道17「函館市・元町~青柳町」/街道写真紀行
(函館市 元町 青柳町) 1210/1604

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ