« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016/02/27

函館市・函館朝市/福山街道13

1goryokaku11


函館市街

駅前のホテルより函館市内を俯瞰した写真である。

函館は、天然の良港である函館港によって、
北海道と本州を結ぶ交通結節点として発展してきた町である。

地名の由来は、室町時代の享徳3年(1454年)、
津軽の豪族河野政通が宇須岸(うすけし、アイヌ語で湾の端)に館を築き、
その形が箱に似ていたことから「箱館」と呼ばれるようになった。

明治2年、蝦夷地が北海道になった時、函館と改称された





1goryokaku12

駅二市場函館朝市、どんぶり横丁

函館朝市大通り。

函館駅より東横インに向かう右側で、渡島蔬菜農業協同組合、
駅二(えきに)市場、どんぶり横丁市場(右側)のあるところだ。

どんぶり横丁市場には、21店舗が入っており、
函館朝市名物の海鮮丼などのどんぶり街エリアとなっている。





1goryokaku13


函館朝市仲通り

函館朝市は、渡島総合振興局館内にある市場の一つだ。
戦後間もない1945年、
函館駅前で農家が野菜の立ち売りしたのが始まりで、
その後3度移転し、今の場所となった。

左の建物は、元祖函館朝市と看板が架かっていた。
渡島蔬菜農業協同組合で壱番路、参番路、五番路の木札が架かっていた。

函館朝市は、午前5時から12時(一部店舗は15:00頃まで)までの営業だ。
但し冬季1~4月は朝6時からとなっている。

約1万坪(3ヘクタール)の中に、
渡島蔬菜農業協同組合加盟店約150店舗、
函館朝市協同連合会約160店舗、
その他、あさいっちゃん会他、周辺店舗が約280店舗となっている。

函館朝市の販売品は多種多様で、
塩干物、珍味加工品、青果、生鮮品、衣料品、
米穀、生花、日用雑貨、食料品等である。

従業員は約1000名、
一日の来客数は平均4000~5000人、
年間推定来客数180~200万人とのことだ。





詳細リンク:福山街道13「函館市・函館朝市」/街道写真紀行
(函館市 若松町)  1210/1602

映画「オデッセイ」

平成28年2月
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント
オデッセイ

2015年 
     アメリカ

監督
   リドリー・スコット




 マット・デイモン

 ジェシカ・チャステイン

 クリステン・ウィグ

 ジェフ・ダニエルズ



 火星で有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士は、死亡したと見なされ仲間の乗組員達は火星を去ってしまう。
 火星に一人残された飛行士は、空気や水も限られ、通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で生き延びようとする。
 生存を確認したNASAや乗組員たちは救出を企てる。
 脚本や映像がいいですね。大胆な救出作戦も感動的です。


2016/02/23

函館市・五稜郭~若松町/福山街道12

1goryokaku06


五稜郭、函館奉行所

五稜郭中心部にあった奉行所。
正面玄関を入った先に、高さ16.5mの太鼓櫓が建てられていた。

当時は東西97m、南北59m、2685平方メートルであったが、
復元された奉行所は、その一部の南棟と中央棟部分で、
1000平方メートル以下となっている。

建築基準法で、1000平方メートル毎に防火壁を設置しなければならず、
景観上も変わってしまうので、止むを得ず、
その一部を、平成22年に復元したとのことだ。





1goryokaku07


武田斐三郎先生顕彰碑

五稜郭内にある武田斐三郎顕彰碑。
昭和38年、五稜郭築城100周年を記念して建てられた。

武田氏は、元治元年(1864年)に竣功した
五稜郭の設計と監督をした人で、
箱館奉行所支配諸術調所教授役であった。





1goryokaku09


五稜郭タワー

五稜郭に隣接して建てられた五稜郭タワー(展望台)だ。

地上6階、避雷針を含めた高さは107m(軒高98m)で
昭和39年に建てられたタワーの老朽化に伴い、
平成18年に建て替えられた新タワーである。

五稜郭に因み、断面形状は塔体は星型、展望台は五角形となっている。
1、2階には売店やレストランがあり、
展望台にも売店やカフェスタンドが出来ていた。

五稜郭のあと、駅前の函館プラザホテルに投宿する。

今回は旧奥州街道、そして福山街道と長丁場の旅であったので、
夜は外出を控え、ホテルで食事を済ませた。

明日は市内見物したのち、津軽海峡線で帰京予定である





詳細リンク:福山街道12「函館市・五稜郭~若松町」/街道写真紀行
(函館市 五稜郭町 若松町)  1210/1602

2016/02/21

二月大歌舞伎/歌舞伎座

平成28年2月
歌舞伎座

演 目 役 者 観 劇 記
吉川栄治原作
今井豊茂脚本演出

通し狂言
新書太閤記
   (しんしょたいこうき)

   長短槍試合
   三日普請
   竹中閑居
   叡山焼討
   本能寺
   中国大返し
   清須会議

   全6幕
 

  菊五郎

  梅 玉

  時 蔵

  左團次

  吉右衛門

  又五郎

  松緑

  菊之助

  松 江



         


    綽名はサル、戦国乱世を駆け抜けた天下人の愛と野望。
    信長に新参者として仕えている藤吉郎は、城攻めの槍の手配で采配をふるい信長に認められる。寧子との結婚、3日普請、竹中半兵衛説得など数々の功により秀吉と名乗るようになる。
    本能寺の変の知らせで、中国大返しし光秀を討ち、清須会議を経て天下人となる姿を活き活きと描いている。
    時間の関係で、少し端折りすぎの感はあるが、個々のエピソードを感動的に舞台化している。

詳細リンク:「演劇」/悠々人の日本写真紀行

2016/02/18

函館市・五稜郭/福山街道11

1goryokaku01


五稜郭入口

江戸時代に箱館(現函館)に築かれた
日本最初の洋式城郭・五稜郭の入口である。

五稜郭は、当時の大砲では箱館湾からの射程外であるこの地に、
安政4年(1857年)に着工し、元治1年(1864年)に竣工した、
5つの突角(五陵)のある星形の平城である。

手前は郭外南西の広場(手前部分)と半月堡結ぶ橋で、
その先に半月堡と堡塁を結ぶ二の橋がある。

現在この橋の他に、北側に裏門橋と、計三本の橋が架かっているが、
築造当時は、半月堡からこの一の橋の反対側と、
郭の東北側にも橋が架かっていた。





1goryokaku02


五稜郭レリーフ

五稜郭のレリーフである。

五陵郭の姿が良くわかる浮き彫りとなっている。
右の突端が、半月堡である。





1goryokaku04


五稜郭石垣

当初は、総堀の他、土塁すべてに石垣を築く計画であったが、
費用が嵩むうえ、石の切り出しに時間がかかることから中止され、
石垣は堀の他、半月堡と郭内入口にしか築かれなかった。

石垣の石は函館山から切りだされた石材を主に使用した。





詳細リンク:福山街道11「函館市・五稜郭」/街道写真紀行
(函館市 五稜郭町)  1210/1602

2016/02/16

映画「さらば/あぶない刑事」

平成28年2月
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント


さらば
 あぶない刑事


   2015年 
       日 本

    監督
      村川 透




   舘 ひろし

 柴田 恭兵

   浅野 温子

   木の実 ナナ

  小林 稔時


   

  
定年を5日後に控えた、横浜の刑事2人は、日本進出を目論む中南米マフィアを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。
    横浜夜景の空撮や埠頭のロケが楽しめます。「あぶない刑事」シリーズの完結編。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/02/14

木古内町・本町~木古内駅/福山街道10

3kikonai09_2


JR木古内駅

JR木古内駅だ。

北の大地の終着駅、
北海道で、最南端の終着駅である。

背後の新幹線の駅舎建築が急ピッチで進められていた。
開業は、平成28年3月予定で、
北海道最初の駅がこの木古内駅となる。




3kikonai16_2


木古内駅跨線橋より青森側

JR木古内駅の跨線橋から、南西側を見た写真である。

かつてはこの木古内駅から、福山線(松前線)が松前駅まで、
そして江差線が江差駅まで通じていたが、共に廃線となってしまった。

今は、海峡線だけが南西に伸びているだけである。

前方の山並みは大千軒岳(1072m)で、
福島峠を越えて、その先が松前町である。




3kikonai05_2


木古内前浜よりサラキ岬

木古内前浜より北東を見た写真である。
前方に見える岬が、サラキ(更木)岬だ。

この沖合で、江戸幕府保有の軍艦・咸臨丸が沈没したところだ。
咸臨丸終焉記念碑や咸臨丸のモニュメントが建てられている。

かつては石と砂しかない場所であったが、
今はチューリップの名所となっている。

サラキ岬の先端部背後に見えるのは
函館山(334m)と亀田半島である。





詳細リンク:福山街道10「木古内町・本町~木古内駅」/街道写真紀行
(木古内町 本町 前浜)  1210/1602

2016/02/13

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」

平成28年2月
新宿ピカデリー


タイトル キャスト コメント


ブリッジ・オブ・スパイ


2015年 
    アメリカ

監督
   スティーヴン・
  スピルバーグ




 トム・ハンクス

 マーク・ライランス

 エイミー・ライアン

 アラン・アルダ

 スコット・シェパード



 
 

   東西冷戦下の1960年に実際に起きたソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件(U-2撃墜事件)の舞台裏に迫る力作。
   米ソの冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士は、ソ連のスパイの弁護を引き受け、死刑を免れ懲役刑にする。
   5年後、アメリカの偵察機が撃墜され乗組員が捕獲される。CIAから捕虜交換の任務を任された弁護士は東独に向かう。
   一介の弁護士が挑む実現不可能iと思われた作戦で、思いがけないアプロ―チを図る。
   米ソ冷戦を背景として、スリル満点の展開で、いい映画です。

   


詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2016/02/05

木古内・本町/福山街道9

3kikonai08


木古内町、本町町並

木古内町本町の町並である。

明治12年、木古内村、釜谷村、泉沢村、札苅が、合併し木古内村となり、
昭和17年に町制施行し木古内町となった。

木古内には、江戸時代から交通の要衝で、
570年ほど前より和人が住みついたという。

町名の由来は、アイヌ語の「リコナイ」(高く昇る源)、
または「リロナイ」(潮の差し入る川の意)からの転訛といわれている。




3kikonai14


JA木古内支店前

JA木古内支店。
正しくは、JA新はこだて知内基幹支店ー木古内支店という。





3kikonai11


木古内酪農之碑

JA木古内支店駐車場にある「躍進木古内酪農之像」である。

木古内町の基幹産業は酪農と、
漁業(木古内、札苅、泉川、釜谷漁港)となっている。

酪農之像ほ背後は木古内警察署である。





詳細リンク:福山街道9「木古内町l・本町」/街道写真紀行
(木古内町 本町)  1210/1602

2016/02/03

映画「白鯨との闘い」

平成28年1月
横浜ムービル




タイトル キャスト コメント
白鯨との闘い

2015年 
    アメリカ

監督
    ロン・ハワード




 クリス・
   ヘンズワース

 ベンジャミン・
   ウォーカー

 キリアン・マーフィ

 トム・ホランド



 1819年、鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツより出港した一行は、太平洋沖4800kmの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇。
 強大なクジラを相手に死闘を繰り返すが、捕鯨船を転覆させられてしまう。
 クジラとの乗組員の壮絶なバトルは見応えがありますね。転覆後の漂流の描写もシリアスであった。
 当時の捕鯨船と乗組員の活動も、興味津々でした。

2016/02/02

知内町~木古内町・新道/福山街道8

3kikonai01


津軽海峡、知内方面

津軽海峡に面した知内(しりうち)町方面を見た写真だ。

右端の岬は、蛇ノ鼻岬で、尖山(361m)、丸山(665m)、
そして岩部岳(794m)、大千軒岳(1072m)の見えるところである。

岬の手前には、北海道電力の知内火力発電所の煙突が見えた。

正面の薄く見える島影は、本土の津軽半島・高野崎である。





3kikonai03


木古内みそぎ浜

木古内町の北西の外れにあるみそぎ浜。
佐女川(さめがわ)神社の鳥居と展望台のあるところだ。

佐女川神社は、木古内駅北側の海岸段丘の上にある。

松前藩の河野加賀守源景広により、
佐女川(当時の鮫川)の畔に武運長久を祈願して、
寛永2年(1625年)に創建された神社である。





3kikonai04


佐女川神社鳥居

木古内みそぎ浜に建つ、佐女川神社の鳥居。

ここで、木古内町寒中みそぎ祭りが、
厳寒の毎年1月の半ばころに行われるところだ。

初日(13日)に佐女川神社で参籠奉告祭を行い、
4名の行修者が本祭の朝まで籠り、
「オマニシクギダ」の勇壮な太鼓の響きに合わせ、
冷水(真水)を浴びる「水ごり」修業をする。

3日目(15日)に、ここのみそぎ浜で、
4名の行修者が、それぞれ白い装束に包まれた
4体の御神体(別当、稲荷、山の神、弁財天)を抱いたまま
海で沐浴(海水みそぎ)を行う。

そして、佐女川神社に戻り、
無事に御神体の浄め終えたことを報告して祭りは終了となる。

豊作豊漁を祈願する祭りで、
天保2年(1831年)から180年以上も続いている神事である。





詳細リンク:福山街道8「知内町~木古内町・新道」/街道写真紀行
(知内町 木古内町 新道)  1210/1602

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ