« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/29

平内町・101小湊宿/旧奥州街道643

101hiranai48


小湊川、小湊橋

ここで、小湊川に架かる小湊橋を渡る。

この橋を渡ると、
旧奥州街道101番目の宿場・小湊宿の中心部である小湊字小湊地区となる。

平内町の中心部で、歴史民族資料館や図書館などがある。

もともとは、蝦夷のチャシ(アイヌ語で館、砦)があったようだ。
黒石津軽藩領のときは、ここに小湊代官所が置かれていた。




101hiranai49


小湊川上流側

小湊橋より、小湊川上流を見た写真である。

前方の奇怪な形をした山は、引ノ越山(ひきのこしやま、267m)である。
山の右半分が砕石のため削られてしまい、痛ましい姿となっている。

何度か砕石業者が変わり、そのいずれも倒産してしまったとのこと。

この山の石は安山岩で、
固く水分吸収率が線路の敷石に適していたので、
主に旧国鉄に販売されていた。

小湊川は、引ノ越山の右手(西側)にある高地山(366m)、
前高森山(343m)の南麓を源流とする川で、
小湊で盛田川と合流し陸奥湾に流入している。

河口付近がハクチョウ渡来地として特別天然物に指定されているところだ。




101hiranai50


101小湊宿、家並

小湊川に架かる小湊橋を渡ると、平内町小湊字小湊地区となる。
旧奥州街道101番目の宿場・小湊宿の中心部である。


旧小湊宿を進むと、すぐこの先で丁字路となる。
ここで右折したところに、小湊代官所があった。

今は歴史民俗資料館、図書館となっている。
      




詳細リンク:旧奥州街道643「平内町・101小湊宿」/街道写真紀行
(平内町 小湊 字小湊)  1206/1405

当ブログ訪問を感謝

お蔭様で、
当ブログのアクセス数も、100,000人を越えることが出来ました

長い間、いろいろとご支援頂きありがとうございました。

                                                 管理人 Hitosh

****************************


「アクセス解析」より訪問者の方々をまとめてみました。

デバイス
 PC 67.9%、 iOS 18・0%、 Andoroid 9.9%、
 ケータイ 2.4%、 その他 1.7%でした。


検索流入

 yahoo 42.8%、 グーグル 57.2%


訪問者の地域
 東京 23.1%、 神奈川・岩手 各11.5%、 埼玉9.6%、
 千葉5.7%、 宮城 3.8%、 群馬3.7%、
 三重・大阪・愛知 各1.9%となっております。

 インターネット人口の多い首都圏が比較的多いようです。

 インターネットの利用人口に対してのアクセス数の多いのは
 1岩手、 2青森、 3群馬、 4佐賀、 5宮城
 となっておりました。

 現在、旧奥州街道徒歩の旅を連載しているせいか、
 岩手、青森の方が上位を占めておりました。
  

 


 
 

  

2014/05/26

平内町・沼館~小湊/旧奥州街道642

101hiranai43

県道9号線分岐

旧街道と県道9号線の分岐だ。
県道9号線(夏泊公園線)は、この夏泊半島を一周する県道だ。

「右 大島 椿山、直進 平内町役所」と標識に書かれてある。
手前に、小湊ハクチョウ渡来地 0.5kmとの標識があった。

大島は、夏泊半島の先端にある島で、
夏泊崎の先端から橋が掛けられていて、歩いて行ける。
島の先端には灯台が設けられている。

椿山は前述したが、夏泊半島の北端のツバキ自生北限地帯で、
国の天然記念物に指定されているところだ(椿山神社境内)。


101hiranai45

小湊神明宮

平内町沼館から小湊地区に入る。
小湊は、旧奥州街道101番目の宿場小湊宿のあったところだ。

「四季が彩る青森路」と街路灯に書かれてあった。

右側に小湊神明宮がある。
かつての村社で、この辺が小湊宿の入口付近であったのだろう。

慶長年間(1596~1615年)、
副館城(平内城)主七戸隼人が
浜子村(現平内町浜子)に建立したのが始まりとか。

詳細は不明だが福館城は、
小阿仁川の左岸の丘陵地に築かれた平山城のようだ。


101hiranai46

神明宮拝殿

鳥居を潜って参道を向かうと、正面に神明宮の拝殿がある。

寛永8年(1631年)に藩命により浜子村よりここに遷座し、
付近一帯の鎮守となった。

貞享2年(1685年)、小湊村の庄屋泉屋彦兵衛により社殿新築。
その後、宝永5年(1776年)、嘉永6年(1853年)等、
再建され今に至っている。

なお、この神社の地名は平内町小湊字前萢(まえやち)だが、
この地名は読めなかった。

漢語辞典で調べると、
「萢」は、沼沢地、湿地、谷地(やち)を意味する漢字であった。



詳細リンク:旧奥州街道642「平内町・沼館~小湊」/街道写真紀行
(平内町 沼館字沼館尻 小湊字新道 字前萢)  1206/1405

2014/05/25

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

平成26年5月
新宿ピカデリー




タイトル

キャスト コメント


キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー


 2014年 
           アメリカ


監督
  アンソニー・ルッソ 
  ジョー・ルッソ


 クリス・エヴァンス

 スカ-レット・ヨハンソン

 ヤバスチャン・スタン

 コビー・スマルダーズ

 
  前作「アベンジャーズ」でのニューヨークの戦いから2年後、キャプテン・アメリカを世界屈指の暗殺者に襲撃される・・
  アメコミのヒーローを前作に続いてルッソ兄弟が監督。
    3Dの映像と、仕掛け、アクションが売りで、見応えはある。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2014/05/22

平内町沼館~沼館尻/旧奥州街道641

101hiranai37


沼館、跨線橋

国道4号線より分岐した旧街道は、
この左先で青い森鉄道により分断されている。

仕方ないので、この階段を手前方向に上り、国道4号線に出て、
青い森鉄道の跨線橋を渡る。

写真は階段途中より後ろを振り返って撮影したものだ。
階段下を左右に通っている道が旧道である。




101hiranai39

沼館、沼

青森鉄道の跨線橋を渡り、旧道は右の細い道(県道9号線)となる。
写真は、旧道に入るとすぐ右側にある沼だ。

この沼があるため、この辺の地名は沼館というのであろうか。
綺麗な沼で、街道歩きのオアシスのようであった。




101hiranai41

夜越山

街道左側に見える夜越山(175m)。

全山が夜越山森林公園となっており、
リフトがあり、スキー場として知られたころだ。

その他、オートキャンプ場や、
サボテン園や洋ラン園が整備されている。
特にサボテン園は3000余種があり、東北一とのことだ。





詳細リンク:旧奥州街道641「平内町沼館~沼館尻」/街道写真紀行
(平内町 沼館 沼館尻)  1206/1405

2014/05/21

平内町・清水川~浜子/旧奥州街道641

101hiranai33s   平内町、奥州街道碑

東京日本橋から708.7kmのポストのあるところだ。
正面の温度計には「現在の温度15℃」と表示されていた。

さらに進むと、左側に平内町パーキングエリアがあり、
その前に奥州街道と書かれた石碑がある。

青森県歴史の道整備促進協議会が設置した石碑だ。




101hiranai35

夏泊半島、小湊港

平内町清水川から平内町浜子(はまご)地区に入る。
にここで右折すると、小湊港、浜子船溜のあるところだ。

右前方に夏泊半島が大きく見えてきた。
陸奥湾中央に大きく突き出た半島で、
浅虫夏泊半島県立自然公園に指定されている。

半島全体が山地で、そのピークが水ヶ沢山(323m)だ。
この半島の東側が野辺地湾で、西側が青森湾となっている。

半島東岸の浅所海岸はハクチョウ飛来地(特別天然記念物)、
そして半島先端(北端)の椿山は
ツバキの自生北限地として知られている。

半島の手前左側が、小湊港だ。
第2次大戦中に、青森港の補助港として整備された港だ。

この辺一体の海岸は、大正初期以降はノリの養殖であったが、
1970年ころからはホタテガイの養殖が中心になった。

前述の清水川地区を中心に、
青森県全体の約1/2のホタテガイ生産量とのことだ。




101hiranai36


浜子、旧道分岐

ここで、国道は青い森鉄道の跨線橋を渡るが、
旧街道は右の細い道だ。

ここから地名は、平内町浜子から沼館(ぬまだて)と変わるところである。





詳細リンク:旧奥州街道640「平内町・清水川~浜子」/街道写真紀行
(平内町 清水川 浜子 沼館) 1206/1405

2014/05/18

平内町清水川・大川添~股ノ木/旧奥州街道639

101hiranai28


清水川八幡宮、拝殿

清水川漁港のある清水川集落を出るところの左側に清水川八幡宮がある。

元禄元年戌辰(1688年)創祀と伝えられている神社で、
祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)である。

清水川集落の氏神であったようだ。
例大祭は10/15とのことだ。

なお、ここの住所は、平内町清水川字大川添となっている。
この大川は、この少し先を流れている清水川のことだ。


101hiranai29

旧街道、清水川大川向

平内町清水川の大川向に入る。

この先で、旧道と国道4号線が合流されるところだ。


101hiranai31

清水川上流側

国道4号線に入ると、すぐ清水川に架かる橋を渡る。

清水川の水源は、林野庁が1995年に選定した「水源の森百選」に
「青垣の山」として選ばれている。

青垣の山とは、平内町南部の三角岳(黒星岳、753m)、
大毛無山(736m)をメインとする地域のことだ。

国道4号線の清水川に架かる橋より上流側を見た写真である。

名前のとおり、綺麗な流れであった。
この川の右の地域(清水川左岸)は
権十郎(ごんじゅうろう)新田と呼ばれているところだ。



詳細リンク:旧奥州街道「平内町清水川・大川添~股ノ木」/街道写真紀行
(平内町清水川 大川添 大川向 股ノ木 権十郎新田) 1206/1405

2014/05/17

映画「テルマエ・ロマエⅡ」

平成26年5月
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント
テルマエ・ロマエⅡ

 2014年 
           日本


監督
        武内 英樹
    
    

    阿部 寛

       上戸 彩

       北村 一輝

       笹野 高史

       市村 正親

       松島 トモ子

       白木みのる

  
 古代ローマの欲情設計技師が現代の日本にタイムスリップ。
    ユニークな浴場を作り上げ一気に名声を得た古代ローマの設計技師は、剣闘士の傷を癒すための浴場建設の命を受ける・・・
  今回は、ローマ帝国を二分する争いに巻き込まれながらの展開で、相変わらず痛快な展開となっている。余計なことを考えずに楽しめる映画となっている。




詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2014/05/15

團菊祭 五月大歌舞伎

平成26年5月
歌舞伎座




演 目 役 者 観 劇 記
歌舞伎十八番の内
毛抜き
(けぬき)


      一幕

         
      弾正
          左團次

      小原万兵衛
          権十郎

   八剣玄番
          團 蔵

      小野春道
          友右衛門


      小野春風
          松 江


      小野小町の子孫である春道の館を訪れた弾正。訪問の目的は、主人への輿入れが延期されている理由を知ることであった。
      春道の娘は、髪の毛が逆立つ奇病で、輿入れが延期されていることがわかるが、弾正は、毛抜きが急に踊りだす様子から、悪人の企てを見破る・・・
  弾正が春道の館の座敷で待ち合わせの時に見せる、越元や若衆に言い寄って振られる様子や、毛抜きが踊る時に見せる見得も見事に決まっている。

歌舞伎十八番の内
勧進帳
      (かんじんちょう)


      長唄囃子連中

         
      武蔵坊弁慶
          海老蔵

      富樫左衛門
          菊之助

   亀井六郎
          亀三郎


      源義経
          芝 雀



    兄頼朝との不和により義経は、弁慶ら家来と共に、山伏姿になり奥州平泉を目指し、安宅の関に入る。
    お馴染み歌舞伎18番の勧進帳。今回は海老蔵の弁慶と菊之助の富樫の対決である。
    話の展開はわかっていても、演じる役者によって大分感じが違うのが面白い。

  
河内黙阿弥作

新皿屋鋪月雨暈
魚屋宗五郎
      (さかなやそうごろう)

      二幕

         
      魚屋宗五郎
          菊五郎

      女房おはま
       時 蔵

   磯部主計之助
          錦之助

      召使おなぎ
       梅 枝

   浦戸十左衛門
          左團次


      奉公に出した妹が不義の咎で、主人磯部主計之助に手打ちにされたと知り、悲しみに暮れているところに、妹の朋輩のおなぎが弔問に訪れる。
      妹の罪は濡れ衣であることがわかり、宗五郎は禁酒中にも関わらず、遂に耐え兼ねて酒を飲んでしまう。
      酔った宗五郎は、妹の無念を晴らすために磯部邸に乗り込んでいく・・・
  これも、何回も見ていますが面白いですね。今回の宗五郎は菊五郎、禁酒の誓いを破って大酒を飲み、酒乱の体となっていく件が、大きな見せ場となっている。

2014/05/13

平内町清水川・和山~往来道/旧奥州街道638

101hiranai23


清水川漁港入口

国道4号線より旧道には入ると、
すぐ右側に清水川漁港入口の標識があった。
      
「第一種清水川漁港 青森県 水産庁」と書かれたあった。
この道を右に折れ漁港に向かう。




101hiranai24

清水川漁港

清水川漁港である。

ホタテの養殖がメインで、その他定置網、刺網、
そして冬場の桁網(ナマコ)が中心とのことだ。

      主要魚種は、ホタテ、カレイ、ヒラメ、ナマコで、
      中でも平内町のホタテの水揚げは青森県で一番とのことであった。




101hiranai25


清水川漁港防波堤

清水川漁港の防波堤だ。

この右奥の防波堤(清水川漁港沖防波堤)は、
      釣り場としても知られ、舟も出してもらえるとのことだ。

メバル、アイナメ、カレイ等々楽しめるようだ。





詳細リンク:旧奥州街道638「平内町清水川・和内~往来道添」/街道写真紀行
(平内町清水川 和山 前田 往来道添)  1206/1404

2014/05/06

平内町・口広~清水川/旧奥州街道637

101hiranai18

平内町口広

陸奥湾に突き出した大崎より、国道に復帰する

国道を進むと、平内町口広(くちひろ)の集落に入る。





101hiranai20

青い森鉄道、清水川駅

さらに進むと、正面に青い森鉄道の清水川駅の案内標識があった。
東京日本橋より706.7km地点である。

例によって、清水川駅に行ってみた。

清水川駅は大正11年に開設された清水川信号所が、
昭和11年に清水川駅となったところだ。

東京より705.8kmとなっている。

国道の清水川駅入口で706.7kmであるから、
鉄道と道路の距離数がほぼ同じであるのは驚いた。




101hiranai21

青い森鉄道、車両

清水川駅で、丁度上下の電車が入ってきた。
右が青森行きで、左側の車両は八戸行きである。

車体のブルーが眩い感じであった。

青い森鉄道は、
岩手県境に近い目時駅と青森駅を結ぶ121.9kmの路線である。

もとはJR東北本線で、東北新幹線の延伸と共に移管され、
平成14年に目時~八戸、
そして平成22年に八戸~青森間が開業している。

鉄道の車両を第3セクターである青い森鉄道株式会社が保有し、
鉄道のレール、駅舎、ホーム等の施設は
青森県が保守管理する「上下分離方式」が採用されている。





詳細リンク:旧奥州街道637「平内町・口広~清水川」/街道写真紀行
(平内町 狩場沢 口広 清水川) 1206/1405










映画「チームバチスタFIBAL/ケルボロスの肖像」

平成26年4月
新宿ピカデリー



タイトル キャスト コメント


チームバチスタFINAL/ケルボロスの肖像


 2014年 
     日本


 監督
  星野 和成


 伊藤 淳史

 仲村 トオル

 桐谷 美玲

 名取 裕子

  
  国、自治体、大学が死因究明システムの改革として取り組む、日本初のAI(死亡時画像診断)センターが発足する。
  その杮落しのシンポジウムを前に大学に脅迫状が届き、死亡事件を絡めた医学会を揺さぶる衝撃的なことが記されてあった・・・。
  シリーズ最終章となる医療ミステリーをテンポ良く描いている。

詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2014/05/03

平内町・狩場沢~大崎/旧奥州街道636

101hiranai13

陸奥湾、大崎

陸奥湾に半島のように飛び出した地形で、
大崎と呼ばれているいるところだ。

手元の地図によると、ここも白鳥渡来地となっている。

正しくは「小湊のハクチョウ及びその渡来地」として、
国の特別天然記念物に指定されているところの一部のようだ。




101hiranai15

金刀比羅宮

大崎の細い道を進むと、左側に神社があった。

拝殿の真新しい扁額には金刀比羅宮と書かれてあった。
地元の漁師が祀ったものであろうか。

そう言えば、野辺地の八幡宮の境内社には、
廻船問屋の人たちが建立した金刀比羅宮があった。




101hiranai16

猿賀神社、石塔

金刀比羅宮の右側に、紫の布を被った大小一対の石塔がある。
左側には、猿賀神社と刻まれてあった。

県社の猿賀神社は蝦夷討伐の将で
仁徳天皇55年(367年)に伊峙水門(いしのみと)で敗死し、
後に大蛇の姿になって蝦夷を平定したとされる
上毛野道命(かみつけののきみ たじのみこと)を祭神とする神社で、
青森県平川市猿賀(津軽)にある。





詳細リンク:旧奥州街道636「平内町・狩場沢~大崎」/街道写真紀行
(平内町狩場沢 堀差) 1206/1405

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ