« 野辺地町・馬門通~鳥居平/旧奥州街道630 | トップページ | 野辺地町・馬門~柴崎/旧奥州街道632 »

2014/04/10

野辺地町・近沢川~100馬門宿/旧奥州街道631

100noheji37

野辺地町・近沢川上流

近沢川(ちかざわがわ)を渡ると、
野辺地町鳥井平(とりいたい)から馬門(まかど)地区に入る。

写真は近沢川の上流側をみたものだ。
この上流左側(右岸)の段丘上の標高30~40mのところに
縄文遺跡(槻ノ木遺跡)がある。

野辺地には、烏帽子岳や山間から流れる小さな川が
筋状に陸奥湾に流入し、各河川に河岸段丘が発達して、
それらの段丘上には縄文遺跡が集中している。

有戸鳥井平遺跡、向田遺跡等、
野辺地町内には、全部で120ヶ所の遺跡が確認されているという。

近沢川を渡ると、左側に赤い鳥居があった。
稲荷神社であろうか。

丁度この辺が馬門集落の入口付近となっている。




100noheji39

馬門、陸奥湾

街道右側が開け、陸奥湾が良く見えるところだ。

街道右側の海岸沿いは、まかどコミュニテイ広場として整備されていた。
陸奥湾が目の前に広がり、実に気持ちの良いところであった。




100noheji41

100馬門宿、家並

街道に復帰して、少し歩く。

この辺が、旧奥州街道100番目の宿場・馬門宿の中心部であろう。
右手に入ると、陸奥湾に面し、
馬門公民館、馬門児童公園のあるところだ。

幕末の馬門宿は、戸数約30で、粟や稗などの農業と
ホタテ貝を中心とした漁業が主であった。

盛岡南部藩の最北端の宿場で、藩の番所が置かれてあった。



詳細リンク:旧奥州街道631「野辺地町・近沢川~100馬門宿」/街道写真紀行
(野辺地町 鳥井平 馬門) 1206/1404

« 野辺地町・馬門通~鳥居平/旧奥州街道630 | トップページ | 野辺地町・馬門~柴崎/旧奥州街道632 »

旧奥州街道10(青森)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/55723179

この記事へのトラックバック一覧です: 野辺地町・近沢川~100馬門宿/旧奥州街道631:

« 野辺地町・馬門通~鳥居平/旧奥州街道630 | トップページ | 野辺地町・馬門~柴崎/旧奥州街道632 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ