« 映画「神様のカルテ2」 | トップページ | 平内町境~狩場沢/旧奥州街道634 »

2014/04/17

野辺地町~平内町境/旧奥州街道633

100noheji47s  馬門番所、高札


馬門番所に掲げられた高札で、
特産品を他領へ持ち出すことが禁じられていた。

なお、実際の馬門番所はこの場所では無く、南東1kmのところにあった。

高札に書かれてあった内容は、

----------

 覚 
  
武具類くろがね類
紅花紫根黄連
蝋染油
錦麻からむし
箔椀同木地
銅鉛硫黄塩硝酸皮之類
男女 牛馬

右之通無手形他領へ出候事
堅ク被停止事若脇道通過者
於有之八可捕上
為御褒美其持料可枝下候者也


宝暦六年

 織笠弾正
 桂 和泉
 東 中務
 北 民部
----------




100noheji50

津軽藩、南部藩境塚

馬門番所の横から急な崖を下ると、
海岸べりにある南部津軽藩境塚(はんきょうづか)が見えてきた。

江戸期の旧街道は、高台にある馬門番所から急な坂道を下って、
海辺にある藩境塚より津軽領に入ったようだ。

古墳のように土で盛った大きなもので、南部藩側に2基、
そして対抗するように、津軽藩側にも2基作られている。

写真手前の小さな川(二本又川、境の川とも)を渡ると、
津軽藩の藩境塚が二基並んで作られている。

川を挟んで、「従是東南盛岡領」、
「従是西北津軽本次郎領分」と書かれた木製の標識が2つ建っていた。

直径、底面にて約10m、
高さ3.5mの藩境塚(はんきょうづか、通称四ッ森)は、
青森県の指定史跡となっている。




100noheji51s   菅江真澄歌碑


藩境塚から狩場沢の坂を上っていくと、右側に菅江真澄の歌碑が建っていた。

  「あら波のよるきしこぼれさしながら にでらで花のかけやうつさん」

と刻まれてある。

菅江真澄は、
宝暦4年(1754年)三河国渥美郡牟呂村(現豊橋市)生まれの
旅行家、博物学者、そして民俗学の先駆者だ。

信濃、東北、蝦夷地を遊歴し、
その紀行を「真澄遊覧記」として残している。

真澄は1797年、弘前で開設されたばかりの藩校稽古館で、
薬事係りに任命された。
真澄の本草学の知識を利用し、
弘前藩の薬草の自給自足を図る為であった。

しかし、2年後には盛岡藩の間者と疑われ解任されている。
その間に「岩城山物語」、「善知鳥物語」、「浪岡物語」等を著している。

弘前藩を追放された後は、秋田で30年間過ごしたようだ。





詳細リンク:旧奥州街道633「野辺地町~平内町境」/街道写真紀行
(野辺地町 柴崎、 平内町 狩場沢) 1206/1404

« 映画「神様のカルテ2」 | トップページ | 平内町境~狩場沢/旧奥州街道634 »

旧奥州街道10(青森)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/55820216

この記事へのトラックバック一覧です: 野辺地町~平内町境/旧奥州街道633:

« 映画「神様のカルテ2」 | トップページ | 平内町境~狩場沢/旧奥州街道634 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ