« 野辺地町・八幡宮~野辺地港/旧奥州街道628 | トップページ | 映画「LIFE!」 »

2014/03/31

野辺地港~馬門通/旧奥州街道629

100noheji28

野辺地港、浜町の常夜燈

浜町の常夜燈は、文政10年(1827年)、
野辺地の廻船問屋野村治三郎によって建てられた。
関西の商人橘屋吉五郎の協力を得て、海路運ばれてきたものだ。

常夜燈には、毎年3月から10月まで、夜毎灯が灯され、
公開の安全を守る燈明台として、

野辺地湊に行き交う船を見守ってきた。

江戸時代に物資輸送の大動脈であった大坂と
蝦夷地を結ぶ日本海航路。

野辺地湊はこの航路への盛岡藩の窓口であり、
領内の海産物、大豆、銅などを積み出す船や、塩、木綿、
日用品などを積み入港する船で賑わった。

湊には、湊役所、遠見番所、銅蔵、大豆蔵、台場(砲台)などの施設や、
廻船問屋の船荷蔵があり、船は沖合いに停泊し、
はしけ船によって船荷を運んでいた。




100noheji29

野辺地漁港

野辺地漁港で、背後は下北半島だ。

野辺地漁港は藩政期から南部藩の重要な交易港となっていたが、
昭和和7年に漁業組合によって整備され、
さらに、昭和44年に公共事業として整備が行なわれている。

主な陸揚魚種は、ほたてがい、うに、まなまこ、
とげくりがにとのことであった。

なお、この周辺一帯は、地方港湾「野辺地港」に指定されている。




100noheji31

野辺地橋

野辺地港の浜町常夜燈公園より、街道に復帰する。

正面の橋が、野辺地川に架かる野辺地橋である。
江戸時代も板橋が架かっていた。

道路標識には、
「直進 馬門、右 野辺地港、 左 青森」と記されてある。

この辺の地名は馬門道(まかどみち)と云い、
旧奥州街道100番目の宿場である馬門(まかど)宿へ続く道である。





詳細リンク:旧奥州街道629「野辺地町・野辺地港~馬門通」街道写真紀行
(野辺地町 野辺地 馬門道) 1206/1403

« 野辺地町・八幡宮~野辺地港/旧奥州街道628 | トップページ | 映画「LIFE!」 »

旧奥州街道10(青森)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/55591369

この記事へのトラックバック一覧です: 野辺地港~馬門通/旧奥州街道629:

« 野辺地町・八幡宮~野辺地港/旧奥州街道628 | トップページ | 映画「LIFE!」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ