« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/29

盛岡市・見前~三本柳/旧奥州街道438

77morioka01

見前橋下流側/見前川

見前(みるまえ)橋から下流川(東側)を見た写真である。

すぐ先に北上川があり、背後の山は朝島山(607m)だ。

右奥に見える山は早池峰山(1913m)方面である。
カシミール3Dで確認すると、ここからでは前衛の山(鶏頭山1445m、他)に
隠れて早池峰山のピークは見ることは出来ないようだ。




77morioka03s  今宮神社

今宮神社は、文化10年(1813年)、藩主南部利敬が見前町の
鎮守として創建した。

見前(みるまえ)地区(旧都南村)は、北上川対岸への渡船場があり、
昭和30年代まで渡し舟が行き来していたとのことだ。

治安維持のため、検断が置かれ、制札(立札)もあった。
また、今ではその痕跡は無いが、一里塚があったという。




77morioka06s  JR岩手飯岡駅口

R東北本線の岩手飯岡駅入口である。
岩手飯岡駅は昭和25年に開業した駅で、東京より529.6kmである。

この信号を左折すると、都南総合支所がある。





詳細リンク:旧奥州街道438「盛岡市・見前~三本柳」/街道写真紀行
(岩手県盛岡市東見前、西見前、三本柳) 1111/1204

2012/05/27

映画「バトルシップ」

平成24年5月
横浜ムービル


タイトル キャスト コメント
バトルシップ
 
 2012年 
     アメリカ
 
 監督
    ピーター・
      バーグ

  テイラー・
    キッチュ

  アレキサンダー・
    スカルスガルド

  リアーナ
    
  浅野 忠信

 
  

  アメリカや日本など各国の護衛艦がハワイで集結し、大規模な軍事演習を展開中に、沖合いで正体不明の巨大物体が発見される。
  人知を超えたエイリアンの武器と、人類の近代兵器が激突する大海上バトルが展開される。
  無条件で楽しめるSFアクションとなっている。浅野忠信が、日本の自衛官の艦長役を好演している。最後の退役軍人達の活躍は面白かった。



詳細リンク:「映画」悠々人の日本写真紀行

2012/05/25

アウトドア用携帯ナビ

写真紀行用携帯グッズに、カーナビ、自転車ナビ、歩行ナビ、
登山ナビ兼用の小型パーソナル・ナビを追加しました。


1205navi1

小型パーソナル・ナビ

全国の国土地理院2万5千分の1の地形図(上写真)が利用できます。
特に、登山や旧街道歩きで地図に載っていない道や山地で重宝です。

バッテリー寿命はスタミナモードで11時間持ち、
防滴構造となっておりますので、アウトドア用として使い道が増えます。

歩行距離、平均速度、最高速度、消費カロリーや、
歩行ルート自動記録式となっております。

以前のパーソナル・ナビは車で行った時用となりそうです。
これで、カーナビを含めて3台となってしまいました (・_・、)




詳細リンク:余話「写真紀行用携帯グッズ」/悠々人の日本写真紀行

2012/05/20

映画「ブラック&ホワイト」

平成24年4月
109シネマズ川崎


タイトル キャスト コメント
ブラック&
  ホワイト

 
 2012年 
     アメリカ
 
 監督
    マックG

  リース・
    ウィザースプーン

  クリス・パイン

  トム・ハーディ

  アンジェラ・
      バセット

 
  

  CIAエージェントの2人は、闇商人を追うが失敗し、謹慎処分を受ける。暇になった2人は、恋人紹介で知り合った一人の女性を好きになり、争うことになる。  
  CIAの人脈とハイテクを駆使して繰り広げられる2人の恋のさや当てを軽妙に描いている。



詳細リンク:「映画」/悠々人の日本写真紀行

2012/05/18

矢巾町・高田~盛岡市境/旧奥州街道437

76yahaba11s  高田藤沢稲荷神社拝殿

稲荷神社は、藩主の崇敬も篤く、宝暦7年(1757年)以降は、
幕府巡検使も奉拝の社格となり、営繕は藩費で行なわれていたようだ。

なお、現在の拝殿は大正8年に建て直されたものである。




76yahaba12

稲荷神社石塔群

高田藤沢稲荷神社の境内にある石塔群。

右から「八幡大神、天照皇大神宮、春日大神」、「羽黒山、月山、湯殿山」、
「金比羅大権現」、そして一番左は庚申塔であった。




76yahaba15

盛岡市境

矢巾町から盛岡市境である。
前方には東北の主峰・岩手山(2038m)が見える。

手前の橋は、高屋敷堰、鹿妻本堰の合流点に架かる見前橋である。





詳細リンク:旧奥州街道437「矢巾町・高田~盛岡市境」/街道写真紀行
(岩手県矢巾町高田、盛岡市西見前) 1111/1204

2012/05/09

五月花形歌舞伎観劇記

平成24年5月
新橋演舞場



演 目 役 者 観 劇 記
池田大伍作
久保田万太郎演出
奈河彰輔演出

西郷と豚姫
 (さいごうとぶたひめ)


  一幕
 
仲居お玉
    翫 弱

西郷吉之助
    獅 童

大久保市助
    松 江

芸妓岸野
    松 也

中村半次郎
    亀 鶴

  幕末の京都。揚屋のお玉は体格が立派なため豚姫と呼ばれているが、気立ては優しく皆に慕われている。
  ある日、お玉が思いを寄せる薩摩藩の重役西郷吉之助が、刺客に追われて揚屋に駆け込んでくる。
  幕府にも主君にも理解が得られず失意の西郷に、お玉は思いを打ち明け、その心情を思った西郷は、お玉に一緒に死のうと申し出るが・・・
  おかしみの中にも哀歓を漂わせた、ほのぼのとした舞台であった。
  お玉を演じる翫弱が熱演であった。獅童もすっかり貫禄のある演技であった。
  
河竹黙阿弥作
歌舞伎十八番の内

紅葉狩
(もみじがり)

  竹本連中
  常磐津連中
  長唄連中
更科姫
実は戸隠山の鬼女
    福 助

余吾将軍平維茂
    獅 童

山神
    愛之助

局田毎
    高麗蔵
  信濃国戸隠山に、余吾将軍平維茂が紅葉狩りにやってくると、先に酒宴を催していた更科姫に招かれる。
  しかし、戸隠山の山神に姫の正体は戸隠山の鬼女であると告げられ、平維茂は正体を現した鬼女に立ち向う。
  福助の美しい姫姿から鬼女へ変化が極端で、何度見ても面白い。

  
近松門左衛門

女殺油地獄
(おんなごろしあぶらのじごく)

  三幕
河内屋与兵衛
    愛之助

豊嶋屋お吉
    福 助

河内屋徳兵衛
    歌 六

母おさわ
    秀太郎
  河内屋の息子与兵衛は放蕩三昧で、見かねた母おさわは、与兵衛を勘当し追い出す。
  その晩、金の工面に困った与兵衛は、近所で同じ油屋を営んでいる豊嶋屋のお吉を頼ろうと店を訪れるが断られてしまう・・
  与兵衛とお吉の油にまみれての立ち回りは圧巻であった。




詳細リンク:「歌舞伎」/悠々人の日本写真紀行



2012/05/01

鎌倉/旧鎌倉街道プロローグ

1205kamakura3

鶴岡八幡宮

現在進めている旧奥州街道と並行して旧鎌倉街道踏破を開始する。
旧鎌倉街道は上道(かみみち)、中道、下道、そして山道があるが、
今回は上道である。

上道は、八幡宮前を出発して、化粧坂を越え境川流域を北上、

武蔵国府(府中)から高崎までの道である。

今回は初回であるので、八幡宮で道中安全の祈願をしての出発であった。



1205kamakura2

化粧坂

鎌倉七口の一つ、化粧坂(けわいざか)




1205kamakura1_2

鎌倉大仏

鎌倉七口の一つ大仏坂の手前にある高徳院大仏殿だ。

今回は旧鎌倉街道徒歩の旅の初回であるので、七口の内、
化粧坂と大仏坂の二つを一日で廻った。

詳細は、追って順番に紹介する予定である。





(神奈川県鎌倉市)、1204/1205

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ