« 倉敷代官所跡/岡山 | トップページ | 映画「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」 »

2011/10/14

倉敷川/岡山

02kurasiki33  倉敷川

白壁通りを進むと、倉敷川(運河)の高砂橋の袂に着く。

倉敷は、この倉敷川を利用して備中の米を積み出す河岸として栄えてきた。
当時の白壁に黒い貼り瓦の米蔵、重々しい格子を並べた商家等が
今も残されている地域で、倉敷の美観地区の中心となっており、
伝統的建造物群保存地区に指定されているところだ。




02kurasiki34  倉敷川西岸

左の店倉は陶慶堂本店で、右の建物は江戸時代の米蔵を
改装した日本郷土玩具館となっている。


玩具館には、昔懐かしい郷土玩具、人形、雛人形、凧、子供の遊具等、
約4万点の玩具を収蔵、常時7千点ほどが展示されている。




02kurasiki38  中橋

ここで、倉敷川はほぼ直角に左(北西)に曲がっており、中橋が架かっている。

写真の建物は、江戸時代に建てられた白壁・黒貼り瓦の米蔵を使用した
考古館である。
吉備地方で発掘された石器・骨角器、土器、鉄器などが展示されている。




02kurasiki44  大橋家住宅

倉敷中央通りの交差点を渡り、阿智本通りに面して左側に
武家屋敷のような長屋門を構える豪壮な屋敷がある。

水田と塩田の開発で財をなし、幕府より苗字帯刀を許された大橋家が、
寛政8年(1796年)に建てた物で、重要文化財に指定されている。

今回は、ここから倉敷中央通りを通り、駅に戻った。  




詳細リンク:岡山「倉敷川」/悠々人の日本写真紀行
0802/1110 (岡山県倉敷市本町、中央、阿知)

« 倉敷代官所跡/岡山 | トップページ | 映画「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」 »

中国・四国」カテゴリの記事

コメント

この記事、興味ありまして、河川ニュース に勝手に転載させて頂きましたが、ご迷惑でしたら
削除しますので、コメントください。申し訳ありません。

谷岡さん、今晩は

この記事を貴サイトへ出展を明記して転載されたとのこと、了解です。
ただ、著作権は放棄しておりませんのでご了解願います。

また、記事の内容につきましては、これから変更することが
あるかもわかりませんので予めご了承下さい。

                      管理人 Hitosh

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷川/岡山:

« 倉敷代官所跡/岡山 | トップページ | 映画「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ