« 萩/山口 | トップページ | 須賀川宿本町~会津街道追分/旧奥州街道64 »

2010/01/03

須賀川宿・本町/旧奥州街道63

20sukagw17

須賀川宿・本町

大町から本町に入る。かつての須賀川宿の中心部である。
盛岡市中央公民館蔵の「奥州道中増補行程記」によると、
この右側に須賀川宿本陣があり、左側に本陣を務めた藤井家があった。

その隣にあったのが、芭蕉が逗留したことで有名な、
相楽等窮(さがらとうきゅう)の家があったところである。



20sukagw14s 相楽等窮宅跡

今はNTT須加川となっているが、相楽等窮宅跡である。
この相楽家の裏に可伸(かしん)庵があった処である。
写真左端に簡単な説明板が設置されていた。

等窮は、須賀川宿を束ねていた相楽伊左衛門の俳号であり、
中世の白河領主・結城氏の子孫で、須賀川の代官の家柄であった。

芭蕉はここに、4月22日から8日間逗留している。
等窮に、「白河の関いかにこえつるにや」と問われ、
「風流の 初めやおくの 田植えうた」と詠んだところである。




20sukagw15

可伸庵

相楽等窮の裏手(西側)にある可伸(かしん)庵である。

隠棲の僧・可伸が庵を結んでいたところで、芭蕉がここに訪れ、
「世の人の 見付けぬ花や 軒の栗」 と詠んだところである。

なお、可伸は等窮の友人で、栗斎と号する俳人でもあった。




詳細リンク:旧奥州街道63「須賀川宿・大町~本町」/街道写真紀行
(福島県須賀川市本町) 0910/1001

« 萩/山口 | トップページ | 須賀川宿本町~会津街道追分/旧奥州街道64 »

旧奥州街道2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/32838381

この記事へのトラックバック一覧です: 須賀川宿・本町/旧奥州街道63:

« 萩/山口 | トップページ | 須賀川宿本町~会津街道追分/旧奥州街道64 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ