« 初春新派公演「麥秋」 | トップページ | 須賀川・中宿~上人坦/旧奥州街道70 »

2010/01/13

須賀川・岩瀬の渡し/旧奥州街道69

20sukagw47

岩瀬の渡し坂

岩城街道を追分を越えると、須賀川宿北町に入る。
地名の如く、須賀川宿の最北端である。

今はその痕跡は無いが、かつては黒門と呼ばれる木戸があり、
その門を潜ると、急な下り坂となっていた。


傍の標識に「岩瀬の渡し坂」と書かれてあった。
今は車が通れるようになっているが、以前はもっと急な坂であったようだ。

この坂の下った所で、現釈迦堂川の土手に突き当たる



20sukagw48s  岩瀬の渡し歌碑

釈迦堂川の土手の下に歌碑があった。
字か掠れて読みにくかったが、
「陸奥の 岩瀬の渡し 水越へて みつまき山に 雲ぞかかれる」

と読めた。

万葉集に出てくる歌である。
みつまき山とは歌枕で有名な「岩瀬の森」とのことである。

岩瀬は元の石背の国で、須賀川には国府があり、
この近くを古代の東山道が通っていた。



20sukagw49

釈迦堂川、岩瀬の渡し跡

釈迦堂川である。此の辺が、古代の東山道の岩瀬の渡しがあったところだ。
江戸時代中期頃からは、木製の中宿橋が架けられていた。
しかし、2年に一度は増水で流され、その度に架け直されていたようだ。

写真右端の橋は現在の中宿橋である。

釈迦堂川は、岩瀬郡天栄村の鬼面山(きめんざん、1021m)を
起点とする川で、須賀川のこの北側で阿武隈川に合流している川だ。
合流付近は、夏になると度々水害を起こすところであったようだ。

現在の中宿橋の袂には常夜灯が設けられていた。
この橋を渡り、対岸の中宿に向かう。

次は旧奥州街道の間宿の滑川である。



詳細リンク:旧奥州街道69「須賀川宿・北町~岩瀬の渡し」/街道写真紀行
(福島県須賀川市北町、古屋敷) 0910/1001

« 初春新派公演「麥秋」 | トップページ | 須賀川・中宿~上人坦/旧奥州街道70 »

旧奥州街道2」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

いつもアングルを盗んでるつもりですが これがなかなかですangry

マネできません。

「渡し」と言えば 大阪にもあります(ちょっと趣はちがいますが・・

古来、岩瀬の渡しの歌を聞いてみたいもんです。

ぶっくわんさん、今晩は

岩瀬の渡しは、歌枕として有名だった様ですね。
その中から、2つ引用します・・・

紀貫之の  「陸奥や 岩瀬の森の 茂る日に 一声暗き 初時鳥(ホトトギス)」、
徳大寺左大臣の  「かくとだに 思ふ心を 岩瀬山 下行く水の したかくれつつ」

如何なもんでしょう・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/32971254

この記事へのトラックバック一覧です: 須賀川・岩瀬の渡し/旧奥州街道69:

« 初春新派公演「麥秋」 | トップページ | 須賀川・中宿~上人坦/旧奥州街道70 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ