« 11月、吉例顔見世大歌舞伎 | トップページ | 2高井戸宿下宿・下高井戸/甲州道中29 »

2009/11/16

杉並・永福~下高井戸/甲州道中28

07takaid39

永福・寺町

玉川上水に沿って、多くの寺院が並んでいるところだ。
殆どが、明治以降の区画整理や大正12年の関東大震災の後に、
東京からここに移転してきた寺である。

甲州街道に並行した路地で、甲州街道の喧騒さが嘘の様な、
閑静な通りとなっている。




07takaid41

栖岸院

栖岸院は、元は三河国村高庄(現安城市)にあった長福寺で、
天正19年(1591年)江戸麹町に移転した。
元和7年(1621年)老中の安藤重信が葬られ、以来安藤家の菩提寺となった。
寺名の栖岸院は、安藤重信の法名による。

江戸時代の当寺は、住職が将軍に単独で拝謁出来る
「独礼の寺格」を
許されていた。
関東大震災の後の区画整理で、大正9年当地に移転した。



07takaid44

龍泉寺

杉並木永福から下高井戸に入ると右側に龍泉寺がある。

写真は境内にある六地蔵と、北向地蔵と呼ばれる
高さ1mの地蔵尊(左端)である。
江戸時代から熱病などの難病に霊験あらたかと信仰を集めていたようだ。

龍泉寺は、慶長8年(1603年)江戸麹町に開創されたが、
その後、明治42年の区画整理に伴い当地に移転した寺である。

移転当時は、門前を流れる玉川上水に、春は咲く桜が清流に映え、
6月の蛍が飛び交う頃は、杉並でも指折りの名勝地であったとか。




詳細は下記リンクをご覧下さい
詳細リンク:甲州道中28「杉並・永福~下高井戸」/街道写真紀行
(東京都杉並区永福、下高井戸) 0909/0911

« 11月、吉例顔見世大歌舞伎 | トップページ | 2高井戸宿下宿・下高井戸/甲州道中29 »

甲州道中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/32235804

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並・永福~下高井戸/甲州道中28:

« 11月、吉例顔見世大歌舞伎 | トップページ | 2高井戸宿下宿・下高井戸/甲州道中29 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ