« 騎西城跡/埼玉 | トップページ | 八月歌舞伎「石川五右衛門」/新橋演舞場 »

2009/08/15

江戸城・本丸跡/甲州道中5

03edojo05

江戸城・本丸跡

緩い坂を上ると、平坦な広い本丸跡がある。全面が芝生で覆われていた。
本丸は本丸表と中奥、大奥に分かれていて、手前が本丸表で
右奥が中奥、大奥であった。

本丸表は儀式、政務の場であり、また諸大名の詰めの間などがあった。
中奥、大奥は将軍の居宅であり、将軍世嗣や大御所は西の丸であった。
なお、今の皇居は西の丸にあり、かつての本丸や二ノ丸、三ノ丸跡は
皇居東御苑として一部が公開されている。

なお、江戸城は、12世紀初頭に江戸氏が、
15世紀には太田資長(太田道潅)が築城している。
その場所がここの本丸台地と呼ばれるところであった。
16世紀末、家康の入封に伴い大規模な修築が行われ、
家光時代にほぼ完成された。

写真の中央に植えてある樹木は、今は余り見られなくなった古品種の
果樹(柑橘類や梨等)で、天皇陛下、皇后陛下お手植えの果樹もある由。
その時に詠まれた御製(天皇陛下の歌)
「皇居東御苑 江戸の人 味ひしならむ 果物の 苗木植ゑけり 江戸城跡に」
が添えられてあった。



03edojo06s 富士見櫓

江戸城で唯一の三重櫓であった。
明暦の大火(1657年)で消失した天守閣の代用としても
使われた櫓であった。
かつて、江戸城には19の櫓があったが、
現在残されているのはこの富士見櫓を含め3つしかない。

この富士見櫓の先が、西の丸(現皇居)であった。
今は当然、この先は公開されていない。  



03edojo07s  松の大廊下跡

本丸跡の松の大廊下跡である。
江戸城では2番目に長い廊下で、畳敷きの立派なものであった。

ここが、あの忠臣蔵で御馴染みの松の廊下である。
元禄14年(1701年)、浅野内匠頭長矩が吉良上野介への
刃傷事件を起こした所だ。




詳細は下記リンクをご覧下さい
詳細リンク:奥州道中5「江戸城・本丸跡」/街道写真紀行
(東京都千代田区千代田) 0908/0908

« 騎西城跡/埼玉 | トップページ | 八月歌舞伎「石川五右衛門」/新橋演舞場 »

甲州道中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/30967970

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城・本丸跡/甲州道中5:

« 騎西城跡/埼玉 | トップページ | 八月歌舞伎「石川五右衛門」/新橋演舞場 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ