« 江戸城・天守台/甲州道中6 | トップページ | 日比谷通り~和田倉門橋/甲州道中8 »

2009/08/19

江戸城・二の丸庭園/甲州道中7

03edojo15s  梅林坂

本丸から二の丸に向かう坂道を梅林坂と呼んでいる。
文明10年(1478年)、太田道潅が天神社を祀り、数百株の梅を
植えたので梅林坂と名が付いたという。

現在でも、約50本の紅白の梅が植えられている。



03edojo16s  平川門

梅林坂を下ったところに、平川門(江戸時代は平河門)がある。
寛永12年(1635年)に枡形門と番所が築造されたが、
関東震災で被害に合い、再建されたものである。

この門は三の丸の正門で、大奥の女性達の通用門で、
御三卿(ごさんぎょう)の登城口でもあった。
また、城中の死者や罪人をこの門から出したので不浄門とも呼ばれた



03edojo21

二の丸庭園

二の丸庭園は小堀遠州(1579-1647年)の作庭による
池泉庭園であったが、後に家光が本丸御殿に準じた規模の御殿と
庭園に作り直させ、世継竹千代(4代将軍家綱)の居所とした。

その後二の丸御殿は、前将軍の側室が晩年を過ごす場所となった。
慶応3年(1867年)、江戸城開城の直前に全焼し、
以後そのままになっていた。

二の丸庭園を往時を偲びながらゆっくり散策した後、
再度百人番所前より大手門に戻る。
大分寄り道したが、旧甲州道中に復帰である。




詳細は下記リンクをご覧下さい
詳細リンク:甲州道中7「江戸城・梅林坂~二の丸庭園」/街道写真紀行
(東京都千代田区千代田) 0908/0908

« 江戸城・天守台/甲州道中6 | トップページ | 日比谷通り~和田倉門橋/甲州道中8 »

甲州道中」カテゴリの記事

コメント

この公園は千鳥ケ淵の桜を見に行った時に散策しましたが広いですよね。
松の廊下跡の杭もありました。
当時の江戸城の栄華が偲ばれるところです。
今度は甲州街道も歩き始められたのですか。
本当にパワフルでアウトドアー派でいらっしゃるんですね。

momoさん、今晩は

皇居東御苑にも行かれたのですね。
私は、ここは全くの初めてでした。公開されているのを
知らなかったです(・_・、)

はい、旧甲州街道もスタートさせました。
幕府管轄の五街道の最期の一つですので、最期の挑戦?と
言うところです。
また、見ていただけると嬉しいです・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201032/31016532

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城・二の丸庭園/甲州道中7:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/08/20 08:42) [ケノーベル エージェント]
千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 江戸城・天守台/甲州道中6 | トップページ | 日比谷通り~和田倉門橋/甲州道中8 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ