« 歌舞伎座さよなら公演「六月大歌舞伎」 | トップページ | 富士見峠~間宿・寺子~余笹川/旧奥州街道19 »

2009/06/26

赤穂線/岡山・兵庫

090603

JR岡山駅

新幹線で岡山に来た
今回は、JR赤穂線沿線を順番に辿ってみようという趣向である

JR赤穂線は瀬戸内海の沿って、岡山県の東岡山と兵庫県の相生駅を結ぶ
全長57.4kmのJR西日本の路線であるが
実際の始発は此処岡山駅となっている

この後、長船(おさふね)、伊部(いんべ)、片上(かたかみ)、
伊里(いり)、天和(てんわ)、日生(ひなせ)、播州赤穂を経て
終点の相生(あいおい)に向かう


090606

長船駅前

岡山市より吉井川を渡ると瀬戸内市に入る
この川沿いにあるのが旧町の長船である

JR長船駅で下車してみる
岡山方面からの列車の半数がここ長船駅で折り返しとなっている

長船は、中世の名刀「備中長船」、「福岡一文字」の産地として
知られたところである
この長船と牛窓、邑久(おく)の3町が平成16年に合併して
新しく瀬戸内市となった

邑久というと、あの画家竹久夢二の生まれたところである
独特の美人画は一世を風靡したものだ

写真は長船駅前である
此処で昼食と取ろうとしたが店が無く、仕方なく近くのスーパーまで行き
弁当を買って駅の待合室で食べた

090604

播州赤穂駅

忠臣蔵で有名な赤穂城のある播州赤穂駅である
開業当時、長野県の飯田線に赤穂駅(あかほえき、現在は駒ヶ根駅))が
あったので、播磨国の別称である播州を冠したようだ

ここから歴代赤穂藩主の菩提寺・花岳寺や赤穂城址、大石神社等は
歩いていける距離である




090605

相生駅

赤穂線の終点である相生駅である
と言っても播州赤穂駅から総ての電車が、山陽本線の姫路・西明石方面と
直通運転されており、相生駅は一通過駅となっている

相生(あいおい)駅は明治23年に那波(なば)駅として開業し
昭和17年に相生駅に改称された古い駅である

那波は旧山陽道の宿場名であったが
昭和14年に風待ち港であった相生と合併し、相生町となり
昭和17年に相生市となっている。

今回は此処から山陽新幹線、東海道新幹線経由で帰宅した。



詳細は、下記リンクをご覧下さい
詳細リンク:岡山・兵庫「赤穂線」/日本写真紀行
(岡山県岡山市、兵庫県赤穂市、相生市) 0802/0906

« 歌舞伎座さよなら公演「六月大歌舞伎」 | トップページ | 富士見峠~間宿・寺子~余笹川/旧奥州街道19 »

中国・四国」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

赤穂線、岡山が始点とは知りませんでした

この辺りは、むかし家族旅行で行った処で(懐

流石奥深い探索ですね! 長船駅前、とても情緒あります☆

umeda24さん、今晩は
はい、あの赤穂線は一寸わかりにくかったです。
正しくは東岡山から相生なんですね。

瀬戸内海に沿って、景色も、歴史もあり、なかなか良いところでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤穂線/岡山・兵庫:

« 歌舞伎座さよなら公演「六月大歌舞伎」 | トップページ | 富士見峠~間宿・寺子~余笹川/旧奥州街道19 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ