« 喜連川宿~内川/旧奥州街道9 | トップページ | 新橋演舞場 »

2009/05/11

さくら市・田町~大田原市・若林/旧奥州街道10

06sakuym01

喜連川宿・内川

内川に架かる金竜橋を渡り、次の宿場・佐久山に向かう
写真は、内川の金竜橋を渡って、後ろを振り返ったものだ

喜連川の町と背後に喜連川城址(お丸山公園)のスカイタワーが見える



06sakuym03

田町・道祖神

内川を渡ると、田町の集落に入る

路傍の大きな双体道祖神
本来は境を守り悪霊の進入を防ぐ神であるが
村境や辻に祀られることから
道路の悪霊を防いで行人を守護する神ともなった

これだけ大きい道祖神は珍しい
この先、陸奥に向かっての長い道程の無事を祈って合掌



06sakuym08

06sakuym07

06sakuym10

曽根田集落

鶴ヶ坂を登り、峠を越えると曾根田の集落に入る

周辺は広い田圃となっている
そして農家の立派な長屋門
民家の庭の鯉幟が歩き疲れた旅人を癒してくれた



06sakuym11

江川・道祖神

曾根田集落を抜け下河戸(しもこうど)の追分を右折する

直進すると矢板方面(県道25号線)で、
旧街道はクランク型に右に曲がっているところだ

江川の手前右手には、これまた大きな双体道祖神と
天皇御小休際御膳水と刻まれた石碑があった

この辺の道祖神は、実に大きい
信州の中山道を歩いている時は道祖神が多かったが
総て、路傍にある小さなものであった



06sakuym17

さくら市引田

さくら市最後(北端)の集落、引田に入る

右手に「明治天皇御休輦之處」碑がある
その前は、ゲートボール場になっていた

06sakuym19

さくら市・大田原市境界

さくら市と大和田原市の境界だ

この手前左の民家の庭に一里塚が残されていると
手元の資料に書いてあったが、わからなかった

長かったさくら市を過ぎ、大田原市若林に入る
次の宿場・佐久山までは、あと1里である




詳細リンク:旧奥州街道10「さくら市・田町~大田原市・若林」/街道写真紀行
(栃木県さくら市田町、大田原市若林) 0904/0905

« 喜連川宿~内川/旧奥州街道9 | トップページ | 新橋演舞場 »

旧奥州街道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は大学で地理学の講義をしており、楽しく拝見させていただいています。
貴ブログに掲載されている道祖神が村の境の雰囲気をよく表しており、また美しく撮影されていて興味深く拝見しています。
このお写真(田町・道祖神)を講義で紹介させていただけないでしょうか。
貴ブログのアドレス等はもちろん掲載させていただきます。
そのほか留意すべき事項などお知らせいただければ幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら市・田町~大田原市・若林/旧奥州街道10:

« 喜連川宿~内川/旧奥州街道9 | トップページ | 新橋演舞場 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ