« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/30

鯉幟/相模川

S04051

S04052

これだけ揃うとさすがに見応えがある

4月29日から5月5日まで行われている
「泳げ鯉のぼり相模川」と言うそうだ
鯉のぼりは年々増えて、今年は1200匹余とか

寄贈された鯉のぼりの腹には大きく名前が記入されていた



(神奈川県相模原市田名 相模川高田橋上流) 0404/0904

映画「レッドクリフ PartⅡ」

H21年4月 横浜ムービル

タイトル キャスト コメント
レッドクリフPartⅡ
-未来への
   最終決戦-

 
2009年

 監督
  ジョン・ウー

  

周瑜
   トニー・レオン

孔明
   金城 武


曹操
   チャン・フォンイー
    
孫権
   チャン・チャン
    
     

  partⅠから続く、赤壁の戦いのクライマックスだ。西暦208年、孫権軍と劉備軍との連合軍が圧倒的な曹操の大軍に立ち向かう様を御馴染みのエピソードを交えて、ダイナミックに描いていく。
  三国志ファンにとって、正に血湧き肉躍る場面である。あれだけ有名な原作(大作)を限られた時間内に纏めていくのは難しいが、周瑜、孔明を中心に要領よく纏められている。


2009/04/29

氏家~弥五郎坂/旧奥州街道7

05kiturgw01

JR東北本線、氏家駅

上野発6:50の快速ラビットに乗り、宇都宮駅で乗り換えて
氏家駅に着いたのが朝の8:38であった

前回中断した此処から、今回は旧奥州街道に復帰である
雲一つ無い快晴であった

氏家宿、喜連川宿、佐久山宿、大田原宿、鍋掛宿
そしてJR黒磯駅までが今回の予定で、
1泊2日予定のぶらり徒歩の旅の出発である

さて、どうなることやら先のことは分からないが、いざ出発! だ



05kiturgw04

氏家、光明寺

氏家宿の旧奥州街道右手にある青銅不動明王坐像で知られた光明寺だ
この坐像は高さ3mの憤怒の像で、露天に鎮座(露座)している

宝暦9年(1759年)に宇都宮の71歳の名鋳物師、戸室卯兵衛の作という
栃木県の指定文化財となっている




05kiturgw10_2

05kiturgw11

氏家、旧家

上の写真は見事な長屋門を備えた滝沢家の屋敷である
栃木県の有形文化財建造物に指定されている

滝沢家は、明治になり紡績等の事業で財をなした旧家で
明治25年、氏家町で陸軍の大演習が行われた時に
この家が明治天皇の休息所となった様だ

旧奥州街道沿いの此の辺桜野地区は
立派な門構えの屋敷が続いているところだ



05kiturgw13

05kiturgw17

05kiturgw18

弥五郎坂

街道の両側は、広々とした田園地帯であった
左前方には那須連峰が見え隠れしていた


民家の庭先には見事な鯉幟
もうすぐ端午の節句なのだと、変なところで一人感心していた

やがて、目の前に弥五郎坂が見えてきた
江戸を出て、初めての本格的な坂道である

その上り口右手に、新旧二つの大黒天(3枚目写真)

この古い大黒天(左側)の台座に、
明治時代の水準点が刻まれている珍しい例だ
この辺一帯は水田地帯で、適当な不朽物が無かったので
大黒天を拝借したとのこと

奥州街道を東京より順番に測量してきて
ここが45番目の高低標にあたり、測量結果は
標高521・6858尺(158.0866m)であった

旧街道は、左側の細い道である(2枚目写真)
この弥五郎坂を越えると、奥州街道20番目の宿場・喜連川となる



詳細リンク:旧奥州街道7 「氏家~弥五郎坂」/街道写真紀行
(栃木県さくら市氏家~狭間田) 0904/0904

2009/04/25

旧城下町・長浜/滋賀

090414

JR長浜駅前

長浜駅東口側が、秀吉が築いた元の城下町で、
近世は北国街道の宿場町、湖北の港町、絹織物の商工業都市、
そして大通寺の門前町としたとして栄えて来たところで、
現在でも長浜市の中心街となっている




090413

北国街道道標・旧長浜宿町並み

北国街道と駅前通の交差点角に北国街道の道標と説明板がある

北国街道は旧中山道の近江・鳥居本宿から分離して、
長浜宿、木之本宿を経て、栃ノ木峠(537m)を越え、
越後の新潟までを結ぶ全長520kmの街道である

別名、栃ノ木峠越え、北陸街道とも呼ばれている古くからの街道である



090410_3 

090409

旧長浜宿、町並み

中山道の鳥居本宿で分岐した旧北国街道の最初の宿場が
ここ長浜宿であった

旧街道沿いには、古い建物が残され、かつての宿場町の面影が
残されているところだ
その古い建物を利用して、今ではすっかり賑やかな観光地となっている




090412

安藤家屋敷

長浜城主の秀吉は、町衆の中から「十人衆」を選び、長浜の自治を委ねていた
安藤家は代々九郎右衛門を名乗り、十人衆から選ばれる三年寄りの
一家として明治まで続いてきた

明治になり、安藤家は、近江商人との縁戚から、
自らも商人として東北地方に商圏を広げ、商売をしていた


この建物は、明治38年に建てられたもので、紅殻(べんがら)格子、
虫籠(むしこ)窓の長浜を代表する建築となっている



090411

長浜名物、ガラス工芸店

今では、長浜と言うとガラス細工品の町として知られているが、
このガラス細工品は、意外と歴史が浅く、昭和63年に
第3セクターの「黒壁」を立ち上げた時からである

明治33年に建てられた、元の百三十銀行長浜支店が、
漆喰の黒壁から黒壁銀行とも呼ばれていた

その建物を、地元企業8社と長浜市が出資して買い取り、
第3セクターである「黒壁」を設立した
そしてこの建物で、世界のガラス細工品の展示、販売を
開始したのが始まりである


人通りの疎らになったこの旧街道沿いの宿場町の活性化を
意図したもので、町の歴史とは一切関係ないが、ガラス工芸を、
これからの産業、文化の中心に据えて、新しい町づくりに
取り組んだ様だ

それが見事に結実し、賑やかな町並みを取り戻した成功例となっている

  

詳細リンク: 写真紀行/滋賀 「旧城下町・長浜
(滋賀県長浜市元浜町) 0705/0904

2009/04/23

横浜スタジアム

090406

090408

久しぶりに、横浜スタジアムに行った
横浜ベイスターズ対広島戦である

WBCで負傷した村田の怪我が癒え、今期初めての出場であった
試合は横浜・寺原と広島・大竹の投げあいで始まった

6回表、3対3同点で、ランナー二人の広島のチャンスに、
今期より広島に移った元横浜の石井が、ピンチヒッターで打席に立つと
何んと、一塁側(横浜側)からも盛大の応援が起こった

石井の応援歌と、「かっ飛ばせ!石井!」の大声援である
敵に声援を送る横浜ファンの優しさであろうか。

これには石井自身も驚いたであろうが、それ以上に驚いたのは
横浜のピッチャー寺原ではないか。

横浜は昨年に続いて、今年も最下位街道をまっしぐらだ
でも、この優しい観客は、最初からチームが勝つことを諦め
球場の雰囲気と贔屓の選手の応援を楽しんでいるようであった

実は、私もビール片手の応援であった・・・

救いは、有望な若手やルーキー達が元気良く頑張っていることだ
有望新人である松本、山崎、細山田等の今後の活躍を期待したい

試合の方は、やはり4対5で横浜の負けであった


(横浜市中区関内) 0904/0904

2009/04/22

映画「サ・バンク 堕ちた偶像」

4月 横浜ムービル


タイトル キャスト コメント

ザ・バンク
  堕ちた偶像


 
2009年 米

 監督
  トム・ティクヴァ

  

ルイ・サリンジャー
   クライヴ・
      オーウェン


エレノア・ホイットマン
   ナオミ・ワッツ



    アーミン・
       ミューラー

    ブライアン・
       オバーン


  ルクセンブルグに拠点を置く国際巨大銀行IBBCの不審取引情報を掴んだインターポール(国際刑事警察機構の通称捜査官のサリンジャーとニューヨーク検事局のエレノアは、本格的な捜査に乗り出すが、核心に迫る度に関係者が消されていく・・・
  国際情勢の裏に潜む陰謀を描く社会派エンターティンメントとなっており、最後まで楽しめる映画となっている。
  監督は「パフュームある人殺しの物語」、「パリ、ジュテーム」等を作ったトム・ティクヴァで、犯罪スキャンダルで実際に破綻した実在の銀行BCCIがモデルとなったこの映画を骨太く纏めている。
  クライヴ・オーウェンの渋い演技が映画を引き締めていた。

2009/04/21

長浜港/滋賀

090403

長浜ヨットハーバー

豊公園の湖岸を南に進み、長浜ロイヤルホテルの前を通ると
目の前に長浜ヨットハーバーがある。
財団法人長浜文化スポーツ振興財団が運営しているものだ。

水面係留ヨットが79隻と大型のヨットハーバ-である。



090405

090404

長浜港

広い港である。
桟橋の奥の船は琵琶湖汽船の竹生島クルーズ、竹生島行きの船であった。
この後すぐ、14:00発の
最終便が出航した。約30分で竹生島に着く。
往復で2、980円とあった。

長浜港は、彦根三湊の一つとして、湖北の物資の集散地として
古くから賑わっていた。
特に長浜縮緬(浜縮緬とも)は長浜の町を潤していたようだ。



詳細リンク:写真紀行/滋賀「長浜港
(滋賀県長浜市港町) 0705/0904

2009/04/19

長浜城址/滋賀

090402

琵琶湖・太閤の井跡

東海道新幹線の米原で下車して、JR北陸本線で、3駅、約10分で長浜駅に着く
長浜は北陸街道の宿場町として、また琵琶湖湖上交通の要衝地として
古くから発展してきた町である。

写真左端は太閤井と呼ばれる井戸跡の碑。
湖の中にも石碑(写真左端)があり、水位が下がった時には当時の井戸の遺構が
姿を現すとのことであった

090401

長浜城歴史資料館

長浜城址の本丸、二が丸跡は豊(ほう)公園として整備されている

写真は、城郭様式の長浜城歴史資料館で、石垣は掘り出された往時の石が
利用されているとのこと

長浜城は、延元1年(建武3年)(1336年)に京極導誉(どうよ)が築いた今浜城を
前身として、天正2年(1574年)に秀吉が此処に築城し本拠とした。
その時、地名を今浜から長浜に変更したが、長浜の長は、織田信長の長を用いたらしい

琵琶湖に面し、三方には堀を巡らしたもので、城の東側(現長浜市街地)に
碁盤目状に道路を造り、小谷城下から寺や商人を移住させて城下町を作った
それが現在の長浜市の旧市街である


詳細リンク:写真紀行/滋賀「長浜城址
(滋賀県長浜市公園町) 0705/0904

2009/04/17

映画「ウォッチ・メン」

4月 横浜ムービル

タイトル キャスト コメント

ウォッチ・メン

2009年 米
 
 監督
  ザック・
  スナイダー

シルク・スペクター
   マリン・
    アッカーマン


Dr.マンハッタン
   ビリー・
    クラダッブ


初代シルク・スペクター
   カーラ・
     グギーノ


オジマンディアス
   マシュ・
     グード
  ケネディ暗殺、ベトナム戦争、キューバ危機等世界で起きた数々の事件を見守ってきたウォッチメン(見張り)。その男達が次々と殺されていく中で、世界を揺るがす壮大な陰謀が展開して行く。
  と、壮大な構想の中で描かれたSFミステリーとなっている。アメリカのアラン・ムーア原作の同名のグラフィック・ノベルの映画化だ。
  如何にもアメコミらしい展開で、楽しめる映画となっている。なおザック・スナイダーは、秀作「300」の監督であった人だ。


2009/04/15

東武動物公園駅/埼玉

N9049

upwardright東武動物公園駅西口

久しぶりにこの駅を下りた。ここは元は杉戸駅であるが、
昭和56年に動物園の開園と同時に駅名が変わった

東武動物公園駅は、東武伊勢崎線と日光線が分岐するところで、
此処までは地下鉄日比谷線の直通電車も走っている



N90410

N90412

upwardrightコミュニティセンター進修館

立派な宮代町の施設だ。設計は象設計集団とのこと
コミュニティ広場には、SLが保存されていた

宮代町は、昭和30年に百間(もんま)村と須賀村が合併して出来た町で
人口は約3400万人。町名は姫宮神社、身代神社の合成とのこと。

古利根川の右岸の位置し、古くから水田地帯であったが、
最近は都心への通勤圏となり、宅地化が進んでいる。



N90411

upwardright宮代町立笠原小学校

東武動物公園の東ゲートの傍にある、洒落た校舎の小学校である

竜宮城にでも迷い込んだような印象を受ける校舎は、
コミュニティセンターと同じく象設計集団の設計とのこと
なかなかユニークな建物である



N90413 

upwardright東武動物公園東ゲート

駅西口から、徒歩で約10分で着く

子供が小さい時、埼玉に住んでいたので良く来た動物公園である
その時は車で来たため、大駐車場のある西ゲートから入場していたので、
このゲートは始めてであった

東武動物公園は旧須賀村の笠原沼付近の田園地帯に作られたもので、
上野動物園の4倍の広さとなっている



(埼玉県宮代町) 0904/0904

2009/04/14

四月大歌舞伎

歌舞伎座さようなら公演
四月大歌舞伎
平成21年4月

演 目 役 者 観 劇 記
通し狂言
伽羅先代萩
(めいぼくせんだいはぎ)

 5幕

 花水橋
 竹の間
 御殿/床下
 対決
 刃傷


          
足利頼兼
     橋之助

絹川谷蔵
     染五郎

乳母政岡
     玉三郎

沖の井
     福 助

松島
     孝太郎

八汐
     仁左衛門

仁木弾正
     吉右衛門


  江戸時代に実際に起こった伊達藩のお家騒動を劇化した名作。
  奥州の大名足利頼兼が身持ち放埓の為、隠居を命じられ、家督は頼兼の子の鶴千代が相続することになるが、これを不服とする仁木弾正を始めとする一派が鶴千代を亡き者にしようと動き出す。
  それを我が子を犠牲にしてまでも、必死に食い止めようとする乳母政岡。やがてお家騒動が幕府に知れ、評定所で裁かれることになる・・・
  御馴染みの芝居を「歌舞伎座さようなら公演」に相応しい豪華配役での競演となった。
  特に乳母政岡の玉三郎や、憎まれ役の八汐を演じた仁左衛門の熱演が光った。
  政岡の子千松や鶴千代を演じた子役達がなかなかの演技を見せていた。



(東京都中央区銀座) 0904/0904

2009/04/12

浅草・伝法院通り/東京

N9044
upwardright仲見世通り


N9046
upwardright伝法院通り

N9045
upwardright白浪五人男


N9047

N9048 
upwardright伝法院正門

浅草の仲見世通りから左(西)に入った所が伝法院通りだ

この門(5枚目写真)の奥には、
江戸中期に建てられた浅草寺の本坊である伝法院がある

客殿・玄関・没者の間は安永年間(1772~1778年)の建築で、

客殿は山内二十四ケ寺の住職の修行道場となっている

伝法肌とは、
ここの門番が住職法親王の威光を頼んで無茶なことをしたことから、
粗暴な振る舞いをする悪い意味であった

その後、男伊達(おとこだて)のある気風(きっぷ)のいい者を
指して「伝法肌」と言うようになったとか



(東京都台東区浅草) 0904/0904

2009/04/04

浅草・隅田公園/東京・台東区

N9042

N9043

N9041 


隅田川畔の隅田公園である

♪春のうららの隅田川・・・
のはずが、生憎の小雨となってしまった

それでも、傘を差しながらながら花見の宴を行っているグループがいた





(東京都台東区花川戸) 0904/0904

2009/04/02

氏家宿~JR氏家駅/旧奥州街道6

04ujiie13
JR東北本線踏切

やがてJR東北本線の踏切を渡る
この踏切名は、「旧奥州街道踏切」と書いてあった

この道が旧街道だ
今は、車も人も殆ど通らない道である




04ujiie16
氏家追分

やがて追分となり、氏家宿はここで左折する

古道標には「右江戸道、左水戸 かさま 下だて 下づま」と刻まれている
隣の馬頭観世音は、天保9年(1838年)建之と彫られてあった

この追分を左折すると奥州街道19番目の宿場・氏家宿である




04ujiie17
19番目宿場・氏家宿

氏家宿は慶長2年(1597年)、勝山城が廃城になった時
旧臣の一部「36人衆」が住み着いたのが始まりとか

阿久津河岸が近くにあり、又奥州街道、会津中街道(氏家~三斗小屋~会津)
会津西街道(大内~会津)、原方街道(高久~白河)の街道が集まる要衝であった

本陣1、脇本陣1、旅籠は35軒
奥州道中(宇都宮~白河)では一番繁栄した宿場であった




04ujiie22
JR氏家駅

写真はJR東北本線氏家駅だ
氏家駅は明治30年に開業している

今回は此処で、旧奥州街道徒歩の旅を中断して、帰宅する
次回は、ここから再スタートとなる




詳細リンク:旧奥州街道6「氏家宿~JR氏家駅」/街道写真紀行
(栃木県さくら市氏家) 0902/0904

2009/04/01

権現堂桜堤/埼玉・幸手

05satte1

05satte4

  利根川支流の権現堂川のこの堤は、天正4年(1576年)頃に築かれた

それまでは、暴れ川として知られていた
宝永元年(1704年)、この堤が切れた時も、その被害は江戸にまで及び、
大江戸八百八町の半ばが水浸しになったという

この堤にサクラが植えられたのは大正9年で、延長6kmに約3000本の
ソメイヨシノが植えられ、関東のサクラの名所として一躍有名になった

土手の下の氾濫原には菜の花が植えられていて、
サクラと菜の花の対比が見事な所となっている

なお地名は、村の中に熊野権現社、若宮権現社、白山権現社を
合祀した旧い神社があったことから、権現堂村という名になった様だ



(埼玉県幸手市権現堂) 0904/0904

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ