« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009/03/30

獅子ヶ谷・横溝屋敷/横浜・鶴見区

N90314

N90315

N90312

N90316

鶴見区の獅子ヶ谷にある旧農家、横溝屋敷である
江戸時代後期の豪農屋敷で、横浜市の指定文化財となっている

この屋敷前のサクラが開花した

今年は、開花が早かったが、その後寒さがぶり返し
満開になるのが遅れている

(横浜市鶴見区獅子ヶ谷) 0903/0903

2009/03/28

映画「ワルキューレ」

H21年3月 横浜ムービル

タイトル キャスト コメント
ワルキューレ


 
2008年 米


 
 監督
  ブライアン・
   シンガー
シュタウフェンベルク大佐
   トム・クルーズ

ヘニング少将
   ケネス・フォン・
     トレスコウ


オルブリヒト将軍
   ビル・ナイ


フロム将軍
   トム・
    ウィルスキンソン

  第二次世界大戦で実際にあったヒトラー暗殺計画を映画化。
  戦地で左目を負傷した独軍のシュタウフェンベルク大佐が、祖国の平和回復の為にヒトラー暗殺を画策し仲間を集め実施する。
  ワルキューレ作戦は、もともとは反乱軍鎮圧の為に作られたものであったがそれを逆利用した反乱であった。
  緊迫した状況下でのクーデター、そして失敗を実に見事に淡々と描いていた。

秋田城址/秋田

S04072

秋田と言うと、千秋公園の久保田城が有名である
佐竹氏の居城だ

しかし、今回のこの秋田城址はそれ以前の奈良時代に
北辺守備と出羽の国開拓のために築かれたもので
当時は「出羽柵」と呼ばれ、国府が置かれていた

大陸の渤海国との交易拠点としても有名であった

760年頃より秋田城と呼ばれるようになり
古代の政治・軍事・文化の中心地であった

そんな面影を求めてみた
手前の杭は、政庁の跡で、遠方の建物は
秋田城の外郭東門である

詳細リンク:写真紀行「秋田城址
(秋田県秋田市寺内) 0407/0807

2009/03/22

阿久津河岸~勝山城址/旧奥州街道5

03akutsu21
阿久津河岸・船玉神社

阿久津川に架かる阿久津大橋を渡ると、阿久津に入る
明治までは、阿久津河岸(かし)があり大いに賑わっていたところだ

鬼怒川舟運の終点である阿久津河岸は
氏家を治めていた勝山城が廃城となった慶長2年(1597年)頃より
開設され発展してきた港である

奥州街道や原方街道、会津中街道、下野北部から
陸送されて来た荷が、ここで川船に積み込まれ江戸へ運ばれた

写真は、阿久津河岸にある船玉(ふなだま)神社である
嘗ては船魂神社とも記されていた

鬼怒川水運の船頭達の守り神で、境内が舟の形をしている
舳の位置に神殿が建てられ、船の御霊(みたま)、船玉(魂)大明神が
祀られている

神社の右手が旧奥州街道である






04ujiie05
さくら市ミュージアム、荒井寛方記念館


氏家出身の荒井寛方の作品が展示されている
荒井寛方は再興日本美術院を中心に活躍した日本画家だ





04ujiie06
勝山城址・本丸跡


勝山城は南北420m、東西370m
鬼怒川の左岸の宝積寺段丘最北端に位置する連郭式の丘城であった

鎌倉末期に氏家氏が築城し、その後宇都宮氏の一族の芳賀氏によって
強固な城構えが完成した

中世下野における、宇都宮氏一族の北方防衛の拠点であった
戦国時代には那須氏との激戦地となったが堅牢な城で

落城することは無かった

だが、宇都宮氏が慶長2年(1597年)
秀吉により改易され、ここも廃城となった




詳細リンク:旧奥州街道5「阿久津河岸~勝山城址」/街道写真紀行
(栃木県さくら市上阿久津~氏家) 0902/0903

2009/03/16

西鬼怒川~鬼怒川/旧奥州街道4

03akutsu05
西鬼怒川上流、日光連山

西鬼怒川に架かる西鬼怒川橋より上流を見た写真である
西鬼怒川は、元和6年(1620年)に開削された水路(逆木用水)であった

橋の上から、上流側には男体山(2484m、写真左端)や
大真名子山(2375m)、女峰山(2483m)、赤薙山(2010m)が見える





03akutsu03
高原山

雪を被った高原(たかはら)山だ

ピーク左から、西平岳(1712m)、中岳(1728m)、釈迦ヶ岳(1795m)
剣ヶ峰(1540m)、大入道(1402m)と呼ばれている
成層火山で、この山の反対側には塩原温泉郷のあるところだ

さらに左前方には大佐飛山(1908m)、那須岳(茶臼岳1915m)が見えてきた
雪を被って真っ白で、実に見晴らしの良いところである



03akutsu10
旧奥州街道/鬼怒川堤

写真は鬼怒川堤で、この上が旧奥州街道であった



03akutsu16
鬼怒川上流・阿久津大橋

写真は阿久津大橋から上流側を見た写真で
此の辺が、江戸時代に鬼怒川の渡しのあったところだ

橋の中央で、長かった宇都宮市からさくら市に入る

さくら市は、奥州街道の宿場であった氏家町と喜連川町が
合併して、平成17年に出来たばかりの市である

両町にサクラの名所が多いことから「さくら市」とした様だ






詳細リンク:旧奥州街道4「西鬼怒川~鬼怒川」/街道写真紀行
(栃木県宇都宮市白沢) 0902/0903

2009/03/13

大倉山梅林/横浜・港北区

N9031

N9032

N9035

東急東横線の大倉山駅を降りて、5分くらいの所にある大倉山梅林である
市立大倉山公園の中にある梅林だ

ここ1週間は、寒さが戻り今日の午後は
関東地方南部でも積雪の予報が出ている

折角満開の梅も、寒そうであった

大倉山梅林は、戦前は14種1000本以上の梅林であったが
戦時中、殆どが薪(たきぎ)用として伐採され
その後は食糧増産の為、芋畑となってしまった

今は規模は縮小されたが梅林として再整備されている

(横浜市港北区太尾町) 0903/0903

2009/03/12

三月大歌舞伎

歌舞伎座さようなら公演
三月大歌舞伎
平成21年3月

演 目 役 者 観 劇 記
真山青果作
真山美保演出

元禄忠臣蔵

江戸城の刃傷
 (えどじょうのにんじょう)
   
  
  2幕

          
浅野内匠頭
     梅 玉   

多門伝八郎
     弥十郎

片岡源五右衛門
     松 江
           

  江戸城松の廊下で、浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及び城内が騒然となる。やがて取り押さえられ、多門伝八郎の強硬な反対意見も入れられず、評議の結果切腹となる。
  そして家来の片岡源五右衛門と対面を果し、切腹していく。と赤穂事件の発端から内匠頭の最後までをドラマテッィクに描いている。

真山青果作
真山美保演出

元禄忠臣蔵

最後の大評定
   
 (さいごのだいひょうじょう)
   
  2幕
  
          
大石内蔵助
     幸四郎

大石妻おりく
     魁 春
     
大石長男松之丞
     巳之助


  赤穂城明渡しの期日が迫り城内が混乱する中、家老の大石内蔵助はその態度を明確にしない。江戸よりの知らせで、吉良上野介が無事であることを聞き、最後の大評定を行う。
  その席で大石は心中を明かさず、総ての行動を一任して欲しいと告げ、賛同者の血判を求める。

真山青果作
真山美保演出

元禄忠臣蔵


御浜御殿
  綱豊卿
   
 (おはまごてんつなとよきょう)

  2幕
  
          
徳川綱豊卿
     仁左衛門  

御祐筆江島
     秀太郎

富森助右衛門
      染五郎

愛妾お喜世
      芝 雀
  

  次期将軍の徳川綱豊は愛妾達と浜遊びに興じ、政に関心が無いように装っている。しかし、学問の師である新井勘解由(富十郎)には赤穂の浪人たちに仇討ちさせてやりたいと心中を述べる。
  そんな中、お喜世の兄で赤穂浪人の富森助右衛門が浜遊びの見物を願い出る。この場に吉良も招かれていることを知り襲撃しようとする。
  しかし、綱豊は是を遮り、その軽率な振舞いを叱り、ただ命を狙うだけでは意味がないと諭す。
  仁左衛門と染五郎の台詞の応酬が見応えのある舞台となっていた。



(東京都中央区銀座) 0903/0903

2009/03/11

歌舞伎座/東京・銀座

N9037

N9036

久しぶりに歌舞伎座に行った
「歌舞伎座さようなら公演」で連日超満員の盛況で、

なかなか切符が取れない状況だ

この建物は平成22年に壊され、建て直されることになった
それに伴い、平成22年4月までを「歌舞伎座さようなら公演」と銘打っている
あと、一年で閉館である

私も平成12年より、もう90回以上も通っている劇場だ
そんな思いのファンが連日押しかけている

今月は御馴染みの「元禄忠臣蔵」であった
幸四郎が大石内蔵助役である・・・



(東京都中央区銀座) 0903/0903

築地川銀座公園/東京

N9039

N90311

開演前に、歌舞伎座の前の晴海通りを築地本願寺の方に行った
その途中の、現在は首都高速道路となっている旧築地川の
萬年橋の両側に、こんな公園が出来ている

その中央に名犬チロリ記念碑がある
捨て犬であったチロリが殺される直前に助けられ、
セラピードッグ(動物介在療法)として訓練され
多くの高齢者や障害者に貢献したという
国際セラピードッグ協会より名誉セラピー・ドッグ第1号に認定された

3枚目の写真は、南西側(下流川)で左正面の建物が新橋演舞場である
なお、この公園は避難者が広域避難場所へ避難する前の
中継地点として一時的に集合する場所に指定されている



(東京都中央区築地) 0903/0903

2009/03/09

白沢宿/旧奥州街道3

02sirasw20
白沢・薬研坂

白沢地蔵堂の前からの坂をやげん坂という
眼下に奥州街道18番目の白沢宿が見えてきた

やげん坂とは、この坂が漢方の薬種を砕くのに用いられる舟形の
薬研(やげん)に似ている事から呼ばれるようになった

慶長14年(1609年)、白沢宿として町割が出来る以前より
ここには街道の道しるべとして、大きな2本の榎が植えられていた

この先の丁字路を左に曲がると白沢宿に入る





02sirasw22

02sirasw30
白沢宿町並み

白沢宿に入ると街道に沿って、左右に掘割が築かれている
元は、生活用水であったが、今は錦鯉が飼われ、水車が回っていた

古い家には、嘗ての屋号を記した木札が掛けられている

白河宿は本陣1、脇本陣1、旅籠13軒で、
宇都宮で日光道中と別れてから、奥州道中最初の宿場であった

詳細リンク:旧奥州街道3「白沢宿」/街道写真紀行
(栃木県宇都宮市白沢) 0902/0902

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ