2019/01/02

謹賀新年

Nenga1901

あけましておめでとうございます

いよいよ平成も最後ですね。
本年も又よろしくお願いいたします。

           管理人 Hitosh

2018/12/23

立川市・錦町/甲州道中55

Tachikawa04a

立川通り五差路

右は立川市街方面の立川通り、右斜めは現奥多摩街道で旧甲州街道だ。

左の広い道は新奥多摩街道で、
左折が国道20号線の現甲州街道と複雑な交差点である。



Tachikawa07

旧甲州街道標識

立川市錦町、旧甲州街道らしい面影の遺された道だ

「旧甲州街道」の標識が、旧街道ウォーカーにとって嬉しいところだ。




Tachikawa08

旧甲州街道錦町

閑静な旧甲州街道沿いにある旧家だ。

手入れの行き届いた蔵が印象的であった。




詳細リンク:甲州道中55「立川市・錦町」/街道写真紀行
(立川市錦町) 1009/1812

2018/01/22

国立市・青柳~立川市・錦町/甲州道中54

1kunitachi11

青柳馬頭観世音


国立市青柳福祉センター前にある馬頭観世音。
裏面には嘉永2年(1849年)と刻まれてあった。
 
他の街道では多く現存する馬頭観世音は、
甲州道中では珍しく、国立市登録有形文化財に指定されている。

 
他の街道では多く現存する馬頭観世音は、
甲州道中では珍しく、国立市登録有形文化財に指定されている。



1kunitachi12

青柳みのわ通り


旧甲州街道、国立市青柳のみのわ通交差点より撮影したものだ。
 
暗渠となった緑川の上の道である。
緑川は立川段丘の崖下から多摩川に注ぐ川だ。
 
なお、みのわは、かつてこの辺が蓑輪と呼ばれていた事による。



1kunitachi13

立川市境
 国立市青柳から立川市錦町に変わる市境である。
 
江戸時代の立川は、甲州街道、五日市街道沿いの村落に過ぎなかった。
今の繁栄が信じられないくらいである。
 
なお、立川の地名は、立の河が転訛したとの説が有力だ。
 
国府のあった府中より見て、東西に多摩の横山が連なり、
その縦方向(南北)に多摩川が流れていたので、
縦の河、立ての河と呼んでいたようだ。



詳細リンク:甲州道中54「国立市・青柳~立川市・錦町」/街道写真紀行
(国立市青柳 立川市錦町) 1009/1801

 

2018/01/01

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
旧年中は、何かとお世話になり、ありがとうございました。
また、本年もよろしくお願い致します。
添付写真は大津市月輪の旧東海道です。


Photo

2017/04/16

甲州道中53「国立市谷保~青柳」/街道写真紀行

1kunitachi07a

国立市、矢川


旧甲州街道は、この矢川に架かる矢川橋を渡る。

矢川は、立川市錦町の立川段丘崖下の湧水を源流とする小河川で、
甲州街道を横切り、府中用水の支流谷保用水に合流している。

この先には国立市が管理する公園「矢川いこいの広場」が出来ている。




1kunitachi08

五智如来像

矢川橋の北側にある五智如来像。

江戸時代に八王子在住の越後の人、数人が、
この地(四軒在家)に移住してきて、
郷土で信仰していた五智如来を祀ったのが
始まりと伝えらえれている。

五智如来は、仏教で言う五種類の智
(大円鏡智、妙観察智、平等性智、成所作智、法界体性智)
  を備えた仏像のことで、大日如来の別名とも言われている。

国立市登録有形文化財に指定されている。




1kunitachi09

矢川稲荷大明神

矢川地区の鎮守で、矢川の名は、江戸時代以前よりあり、
古くは谷川とも記されていた。

流れが速く、弓から放たれた矢のような川とのことから、
矢川となったようだ。





詳細リンク:旧奥州街道53「国立市谷保~青柳」/街道写真紀行
(国立市谷保、矢川、青柳) 1009/1704

«映画「シネマ歌舞伎 阿古屋」

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ